ここから本文です

トラ模様のラン見頃 県中央植物園

北日本新聞 6月20日(月)22時39分配信

 トラ模様のラン「スタンホーペア・ティグリナ」が、富山市婦中町上轡田の県中央植物園で見頃を迎え、来園者の目を楽しませている。

 メキシコ原産の大型種で、垂れ下がった茎に、そり上がった花を付ける。「ティグリナ」は「トラの斑のある」という意味で、直径10~15センチほどの薄黄色の花びらには赤褐色の斑点が入っている。来園者は珍しそうに見入ったり、写真を撮ったりしていた。

 見頃は22日前後まで。毎年花が咲くわけではないといい、同園では「短い間だが、ぜひ多くの人に見てほしい」としている。

北日本新聞社

最終更新:6月20日(月)22時39分

北日本新聞