ここから本文です

ガービッジ、4年ぶりの新作より“Sometimes”他3曲のスタジオ・ライブ映像公開

RO69(アールオーロック) 6/20(月) 12:04配信

昨年デビュー20周年を迎え、6月10日(金)にニュー・アルバム『ストレンジ・リトル・バーズ』をリリースしたガービッジが、同新作収録のナンバー“Sometimes”、“Empty”、“Even Though Our Love Is Doomed”のスタジオ・ライブ映像を公開した。これはAmazonのセッション企画「Front Row」として収録されたものとなっている。

“Sometimes”はこちらから。
http://www.youtube.com/watch?v=PL1SYw1Ceac

“Empty”はこちらから。
http://www.youtube.com/watch?v=1E-CKcOPgPU

“Even Though Our Love Is Doomed”はこちらから。
http://www.youtube.com/watch?v=l4KmJgpgSWU

通算6作目、2012年の『ノット・ユア・カインド・オブ・ピープル』以来4年ぶりの新作となる『ストレンジ・リトル・バーズ』は、バンドによるセルフ・プロデュースのもと、ブッチ・ヴィグのスタジオで制作され、ロサンゼルスのRed Razor Soundsにてレコーディングされた作品だという。
リリースの詳細は以下の通り。

●リリース情報
アーティスト名:Garbage(ガービッジ)
タイトル: Strange Little Birds(ストレンジ・リトル・バーズ)
レーベル:Stun Volume / Hostess
海外発売日:2016年6月10日(金)

【トラックリスト】
1. Sometimes
2. Empty
3. Blackout
4. If I Lost You
5. Night Drive Loneliness
6. Even Though Our Love Is Doomed
7. Magnetized
8. We Never Tell
9. So We Can Stay Alive
10. Teaching Little Fingers To Play
11. Amends

※iTunesアーティストページ:
https://itunes.apple.com/jp/artist/garbage/id109997?app=itunes& 

RO69(アールオーロック)

最終更新:6/20(月) 12:04

RO69(アールオーロック)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]