ここから本文です

小堀選手「必ずメダル持ち帰る」 リオ五輪・競泳、能美、白山で壮行会

北國新聞社 6/20(月) 2:39配信

 リオデジャネイロ五輪の競泳日本代表として800メートルリレーに出場する小堀勇気(22)=金沢高OB、能美市出身、ミズノ=は19日、地元能美市などで壮行会に臨み、「必ずメダルを地元に持って帰ります」と力強く宣言し、大舞台での活躍を誓った。

 同市の緑が丘会館には約200人が集まり、池田秀一町会長が「二度もオリンピックに参加することは地元として大変誇らしい」と激励。小堀は児童の質問に答えた後、辰口中央小5、6年生の応援幕や花束を受け取り、同級生らとの記念写真に納まった。

 餅つきで子どもが振り上げた杵が額に当たり、出血する一幕もあったが、小堀は「この地で育ち、アットホームな感じで激励してもらった。とても力がわいた」と応援に感謝した。

 白山市での石川県水泳協会、能美市での市水泳協会の壮行会にも出席した。

 緑が丘町会は8月10日の決勝に合わせ、緑が丘会館でパブリックビューイングを行う。

北國新聞社

最終更新:6/20(月) 2:39

北國新聞社