ここから本文です

殊勲のPKストップ…昌平GK緑川光希「相手のデータは頭に入っていた」

SOCCER KING 6月20日(月)13時5分配信

 平成28年度全国高校総合体育大会埼玉県予選準決勝(インターハイ予選)が19日に行われ、昌平高校と狭山ヶ丘高校が対戦した。試合は1-1のまま延長戦でも決着がつかずPK戦へ。GK緑川光希が2本のシュートを止め、昌平が決勝進出を決めるとともに全国への切符を手にした。

 勝利の立役者となった緑川は「相手のデータは頭に入っていた」と殊勲のPKストップを振り返る。一度データとは逆方向に飛びゴールを許したが、それがかえってデータの正確性を確信させることとなったという。

 延長戦までの戦いでは、圧倒的にボールを支配していながらもワンチャンスを決められて狭山ヶ丘に先制を許す展開。「失点は引きずるタイプ」だと語る緑川は「これで負けたら自分の責任だと思っていた」と、試合中の心境を吐露。だからこそPK戦に懸ける思いは強く、「絶対に自分が止めてやる、止めたらヒーローだという気持ちでいた」という。

 初の全国進出を決めて「本当にほっとした。自分たちが目指しているのは日本一なので、やっとスタートラインに立てたという感じ」と笑みを浮かべる緑川。22日に行われる聖望学園高校との決勝戦については、「全国で勝つためにもしっかりと優勝したい」と語った。

SOCCER KING

最終更新:6月20日(月)13時5分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報