ここから本文です

初出場アルバニアが歴史的勝利でA組3位に…“苦手”ルーマニアに競り勝つ

SOCCER KING 6月20日(月)5時53分配信

 ユーロ2016・グループステージ第3節が19日に行われ、グループAのルーマニア代表とアルバニア代表が対戦した。

 フランスとの開幕戦を惜しくも落としたルーマニアは、第2節でスイスと引き分け1分け1敗。一方、初出場のアルバニアはスイス、フランスに2連敗と、両チームはここまで未勝利で3試合目を迎えた。今大会は各グループ1、2位に加え、3位の成績上位4チームも決勝トーナメントに進出できるため、両チームともに大会初勝利を収め、グループステージを突破したいところだ。なお、ルーマニアとアルバニアはこれまで通算で16度対戦しているが、戦績はルーマニアが10勝4分け2敗と圧倒している。

 ルーマニアはスイス戦のスターティングメンバーから5名を入れ替え、MFニコラス・スタンチュやFWデニス・アリベクらが先発メンバーに名を連ねた。一方、アルバニアはフランス戦のスタメンから1名を変更。MFミギエン・バシャが先発入りした。

 この試合で最初のチャンスを迎えたのはルーマニア。8分、相手クリアボールの落下点に入ったボグダン・スタンクがエリア手前から左足でボレーシュートを狙った。しかし、ここはGKエトリト・ベリシャの正面に飛んでしまい、惜しくもセーブされてしまった。

 序盤はルーマニアがやや押し気味に試合を進めたが、最初に決定機を作ったのはアルバニアだった。23分、アンディ・リラが折り返しのボールを入れると、フリーのエルミル・レニャニが倒れ込みながら合わせたが、ここは枠の上に外れてしまった。

 続く35分、右サイドのスローインの流れから、レディアン・メムシャイがエリア内右に進入する。メムシャイは切り返しで相手DFをかわし、角度のないところから右足シュートを放ったが、ここはGKチプリアン・タタルシャヌに防がれてしまった。

 アルバニアに待望の得点が入ったのは43分。右サイドからメムシャイがクロスを上げると、ファーサイドのアルマンド・サディクがヘディングシュートを沈め、アルバニアが先制に成功した。アルバニアにとっては主要大会での初ゴールとなった。このまま1-0でアルバニアがリードしてハーフタイムを迎える。

 1点を追うルーマニアはハーフタイムにアンドレイ・プレペリツァを下げ、ルチアン・サンマルテアンを投入した。しかし、57分にアクシデントが発生。アリベクが負傷交代となり、替わってガブリエル・トルジェが緊急投入された。

 続く69分、ルーマニアはエリア手前でボールを持ったトルジェが右足シュートを放ったが、うまくミートしきれずにボールは枠の右へ外れた。76分には途中出場のフローリン・アンドネが最終ラインの裏に抜け出し、エリア内右から右足シュートを放ったが、ここは惜しくもクロスバーを直撃。追いつくことができない。

 このまま逃げ切ったアルバニアが1-0でルーマニアを下し、同国史上初めてユーロで勝利を収めた。一方、ルーマニアは1分け2敗の未勝利で大会を去ることとなった。

 なお、3位に入ったアルバニアは、他のグループの結果次第で決勝トーナメントに進出する。

【スコア】
ルーマニア代表 0-1 アルバニア代表

【得点者】
0-1 43分 アルマンド・サディク(アルバニア代表)

SOCCER KING

最終更新:6月20日(月)6時23分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合