ここから本文です

フランス、再三の決定機もスコアレス…ドローのスイスは決勝T進出決定

SOCCER KING 6月20日(月)5時48分配信

 ユーロ2016・グループステージ第3節が19日に行われ、スイス代表とフランス代表が対戦した。

 ここまで1勝1分けのスイスは、グループステージ突破をかけた重要な一戦を迎えた。先発に19歳のFWブレール・エンボロを抜てきしたほか、前節のルーマニア代表戦で同点ゴールをマークしたFWアドミル・メフメディもスタメン起用された。一方、開催国のフランスはすでに決勝トーナメント進出を確定させている。スイス戦には、MFヨアン・キャバイエ、MFムサ・シソコ、FWアンドレ・ピエール・ジニャクが初先発を果たし、MFポール・ポグバとFWアントワーヌ・グリエスマンがスタメンに復帰した。

 最初にチャンスを迎えたのはフランス。13分、クロスボールのこぼれ球を拾ったポグバがエリア内に進入。キングスリー・コマンとのパス交換から左足を振りぬくが、これはGKヤン・ゾマーが左手一本で反応し、得点を許さない。

 続く18分、中盤でボールを持ったポグバがドリブルで運び、そのまま左足のミドルシュートを放った。しかしこれはクロスバーに弾かれ、ゴールとはならなかった。

 対するスイスは28分、スローインから右サイドを突破。最後はエリア内でボールを受けたエンボロが右足のつま先でシュートを放つが、DFローラン・コシェルニーが体を張ってブロックした。

 その後は両チーム激しい攻防が続くが、結局得点を奪うことはできず、スコアレスでハーフタイムを迎える。

 後半が始まって53分、フランスは左サイドでパスを受けたジニャクが、中央へカットイン。そのまま右足でミドルシュートを打つが、GKゾマーがボールをキャッチする。

 さらに57分、グリエスマンがジニャクとのパス交換から右足でゴールを狙う。しかしこれもGKゾマーがボールを弾き、得点を許さなかった。

 ゴールを奪えないフランスは63分、コマンに代え、2戦連続で得点中のディミトリ・パイエをピッチへ送りこむ。対するスイスも74分、ハリス・セフェロヴィッチを投入し、得点を狙う。

 75分、フランスがビッグチャンスを迎える。シソコが右サイドを突破すると、中央へクロスを供給。これに走りこんだパイエが右足で合わせるが、シュートはクロスバーをたたき、得点には至らなかった。

 87分には、フランスがゴール前でFKを獲得するが、このチャンスも生かすことはできず。結局このままタイムアップを迎え、スイスとフランスの対戦はスコアレスドローに終わった。この結果、フランスのグループ首位及びスイスの2位が確定し、スイスの決勝トーナメント進出が決まった。

【スコア】
スイス代表 0-0 フランス代表

SOCCER KING

最終更新:6月20日(月)10時46分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。