ここから本文です

レスターのカンテがレアルへ“逆オファー”提示…約30億円で移籍実現か

SOCCER KING 6月20日(月)11時49分配信

 日本代表FW岡崎慎司のレスターに所属するフランス代表MFエンゴロ・カンテが、レアル・マドリードに売り込みをかけたことが明らかになった。レアル・マドリードは同選手の獲得を前向きに検討しているようだ。スペイン紙『アス』が19日に報じている。

 報道によると、カンテがレアル・マドリード移籍に向けて“逆オファー”を提示。移籍が実現した場合、同選手はブラジル代表MFカゼミーロとポジションを争うこととなる。レアル・マドリード側は“背番号5”タイプの選手がカゼミーロしかいない現状から、似た特徴を持つカンテの獲得を前向きに検討していると報じられている。

 なお、カンテの獲得には移籍金2550万ユーロ(約30億3000万円)が必要となるが、レアル・マドリードにとっては痛手となる額ではない。同選手の獲得が実現した場合でも、ユヴェントスのフランス代表MFポール・ポグバの獲得交渉に影響は及ばないと同紙は伝えている。

 カンテは昨年8月、リーグ・アンのカーンから4年契約でレスターに移籍。プレミアリーグ初挑戦ながら、全38試合中37試合出場1ゴールを記録して優勝に貢献した。選手が選ぶクラブ年間最優秀選手(MVP)も受賞している。3月25日のオランダ代表戦でフランス代表デビューを果たすと、ユーロ2016に臨む同国代表メンバーにも名を連ねた。同大会ではグループステージの開幕2試合にフル出場。決勝トーナメント進出に貢献している。

SOCCER KING

最終更新:6月20日(月)11時49分

SOCCER KING