ここから本文です

ブラジル代表、五輪OA候補を5人に絞り込みか…ミカーリ新監督が選考

SOCCER KING 6月20日(月)15時5分配信

 リオデジャネイロ・オリンピックを目前に控え、オーバーエイジ(OA)枠で誰を招集するのかに注目が集まっているU-23ブラジル代表。同国メディア『グローボ』が16日、候補となる選手を紹介した。

 前任のドゥンガ監督が解任され、ロジェリオ・ミカーリ新監督のもとでオリンピックに挑むことになった同代表。ブラジルサッカー連盟(CBF)は15日、大会に向けた招集候補メンバー35名を国際オリンピック委員会(IOC)に送付した模様だ。同大会では最大3人まで24歳以上の選手を起用できるOA枠が用意されており、誰が招集されるのかに注目が集まっていた。

 同メディアによれば、この候補メンバーの中にはパリ・サンジェルマンに所属するDFチアゴ・シウヴァの名前が記載されているという。同選手は昨年6月にA代表としてコパ・アメリカ2015へ出場して以来、代表招集から遠ざかっている。しかしドゥンガ監督が解任されたことで、経験豊富な元キャプテンに再びチャンスが巡ってくる可能性が浮上した。

 ブラジル1部リーグのパルメイラスに所属するGKフェルナンド・プラスも候補の1人だ。7月に38歳になる大ベテランは、これまで一度も代表招集を受けた経験がない。しかしベンフィカのGKエデルソンが負傷によりオリンピックに間に合わないことが濃厚なため、急きょプラスを呼び寄せることが検討されている模様だ。

 バルセロナのFWネイマールが招集される可能性は、これまでに何度も報じられてきた。クラブ側も出場にゴーサインを出しており、同選手はこれを見据えてコパ・アメリカへの出場を見送っていた。五輪招集は確実なものとされてきたが、新監督の意向で変更がないとも言いきれない。

 これに加え、チェルシーのMFウィリアン、バイエルンのMFドゥグラス・コスタもリストに名を連ねていると報じられており、この5名の中から最終的に3名がOA枠に選出されるという。発表は29日に行われる見通しだ。

 ブラジル代表はリオデジャネイロ・オリンピックでグループAに所属し、南アフリカ代表、イラク代表、デンマーク代表と対戦する。

SOCCER KING

最終更新:6月20日(月)17時30分

SOCCER KING