ここから本文です

ヴァーディ、レスター残留へ…獲得狙うアーセナル指揮官「彼は残るだろう」

SOCCER KING 6月20日(月)17時0分配信

 日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターのイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディについて、獲得オファーを出していると報じられているアーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督がコメント。同選手がレスターに残留するとの見解を明かした。イギリス紙『ガーディアン』が19日に報じている。

 報道によると、ヴェンゲル監督は中国のテレビ番組に出演してコメント。獲得を目指しているヴァーディについて「現時点で、彼はレスターの選手だ。それ以上のことは知らない。ただ私は、彼がレスターに残るだろうと思っている」と、自身の予想を明かした。

 ヴァーディの去就については今月初旬から盛んに報じられてきた。5日付のイギリスメディア『BBC』は、同選手のアーセナル移籍がクラブ間合意に達していると報道。アーセナルが契約解除金2000万ポンド(約30億7000万円)を支払い、ヴァーディには現在の週給8万ポンド(約1230万円)を上回る額での契約を準備していると伝えられていた。ただ、一時はユーロ2016開幕前にも決着すると見られていた移籍問題は、現時点では不透明な状況のままだ。

 なお、17日付のイギリス紙『デイリーメール』によれば、レスターのアイヤワット・スリヴァッダナプラバ副会長が「すぐにニュースになるのでわかるだろう。私は彼がここに残ると思うよ」とコメントし、ヴァーディがアーセナルからのオファーを断るという見通しを明かしている。

 ヴァーディは現在、フランスで開催中のユーロ2016に出場中。16日に行われたグループステージ第2節のウェールズ代表戦では後半開始時から途中出場し、56分に同点ゴールを決めて逆転勝利に貢献した。

SOCCER KING

最終更新:6月20日(月)17時0分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。