ここから本文です

決勝T進出へ…自信を示すベイル「緊張に慣れた。わくわくしているよ」

SOCCER KING 6月20日(月)17時45分配信

 20日に行われるユーロ2016・グループステージ第3節で、グループBではロシア代表とウェールズ代表が対戦する。1勝1敗の勝ち点3でグループ2位につけているウェールズ代表MFギャレス・ベイル(レアル・マドリード)が、決勝トーナメント進出を懸けた一戦を前に抱負を語った。UEFA(欧州サッカー連盟)の公式HP『UEFA.com』がコメントを伝えている。

 ウェールズ代表はグループBの2位で第3節を迎えることとなった。初出場の今大会で決勝トーナメント進出を成し遂げるべく、ロシア代表との一戦に臨む。

 ベイルは「もちろん、プレッシャーはあるよ。この前の試合(16日に行われた第2節のイングランド代表戦)だけではなくて、他の2試合にもプレッシャーはあるんだ」と重圧がかかっていることを明かしつつ、「今までよりもリラックスできていると思うよ。(グループステージ)2試合で緊張に慣れたんだろうね。自信を持っているし、次の試合が楽しみだ。決勝トーナメント進出を懸けて戦えることにわくわくしているよ」と期待感を述べた。

 グループBは混戦だ。1勝1敗で勝ち点3のウェールズ代表は、ロシア代表に勝てばグループステージ突破が決定。引き分けた場合は、同時刻キックオフのもう1試合でスロヴァキア代表(勝ち点3)がイングランド代表(同4)と引き分け以下の結果に終わることがグループ2位以内での決勝トーナメント進出の条件となる。

SOCCER KING

最終更新:6月20日(月)17時48分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。