ここから本文です

メキシコ戦で4ゴールのチリ代表FWバルガス「完全に自信を取り戻した」

SOCCER KING 6月20日(月)17時19分配信

 コパ・アメリカ センテナリオ USA 2016準々決勝でメキシコ代表を7-0と撃破し、準決勝に駒を進めたチリ代表。

 この試合で4ゴールを決めたFWエドゥアルド・バルガス(ホッフェンハイム)が試合を振り返るとともに、大会開幕当初は不調だったチームが、コパ・アメリカ2015を制した1年前の状態に近づきつつあると断言した。チリ紙『ラ・ナシオン』の電信版が報じている。

 バルガスはまず自身の4ゴールをこのように振り返った。

「代表で4ゴールを決めたのは初めての経験だ。勝利に貢献できて満足しているし、この勝利を自分の母親と家族に捧げたい」

 また、チームの状態にも確かな手ごたえを感じた様子で、「大会開幕当初は良くなかったが、試合を重ねるごとに自信を深めて行った。今では完全に自信を取り戻しているし、昨年のコパ・アメリカの時のリズムに近づいている。開幕当初から自分たちが南米王者であることは自覚していた。そして今日、メキシコのような強力な相手を打ち負かすことができた」とチームが自信と調子を取り戻したと主張している。

 最後には、準決勝コロンビア代表戦に向けて、「コロンビアは非常に強い相手だ。ワールドクラスの選手がいるし、みんな素晴らしい技術を持っている。でも、自分たちだって負けてはいない。素晴らしいプレーを見せたいと思っているし、最高の方法で決勝に到達したい」と意気込みを語った。

SOCCER KING

最終更新:6月20日(月)17時19分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]