ここから本文です

積極補強のユーヴェ、マスチェラーノ獲得へ…バレンシアMFにも興味

SOCCER KING 6月20日(月)19時13分配信

 ユヴェントスが、さらなる補強に着手しているようだ。19日付のイタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。

 今夏ローマからボスニア・ヘルツェゴヴィナ代表MFミラレム・ピアニッチを獲得したユヴェントス。これに加えてバルセロナのブラジル代表DFダニエウ・アウヴェスが加入することも確実視されている。しかし、補強はこれだけでは終わらないようだ。

 同紙によればユヴェントスは、バルセロナに所属するアルゼンチン代表DFハビエル・マスチェラーノと、バレンシアに所属するポルトガル代表MFアンドレ・ゴメスの獲得を検討しているという。

 バルセロナとの契約が残り2年となっているマスチェラーノだが、クラブは慰留に努めており、契約延長の交渉に入っているとも報じられている。しかし、ユヴェントスは最大で3000万ユーロ(約35億円)の移籍金を支払い、引き抜きを図る模様。現在イタリア代表MFクラウディオ・マルキージオが長期離脱を強いられており、この穴を埋めるためにマスチェラーノをチームへ加えたい意向だ。

 またA・ゴメスに関しては、3000万ユーロ(約35億円)での獲得を目指している。しかしバレンシアは売却に消極的で、6000万ユーロ(約71億円)以下の金額での放出は考えていないようだ。同選手の獲得にはマンチェスター・Uとチェルシーも興味を示しており、競争が激化している。

SOCCER KING

最終更新:6月20日(月)19時14分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。