ここから本文です

[総体]ロングクロスからVヘッド!日本航空は交代出場FW岩下が優勝決定弾:山梨

ゲキサカ 6月20日(月)8時53分配信

[6.19 総体山梨県予選決勝 日本航空高 1-0 山梨学院高 中銀スタ]

 後半21分に投入されたFW岩下俊城(3年)が耐えて、守った日本航空高に歓喜をもたらした。前半から攻守に走り回ったFW山崎一平(3年)に代わり、試合を決める役割を担って投入された岩下は出場から7分後に値千金のゴール。右DF松土準(3年)のロングクロスに対し、DFを振りきってファーサイドから飛び込む。そして頭でプッシュ。「松土からいいボールが来たので流しこむだけでした」という一撃はゴール右ポストを叩いて、ゴールラインを越えた。

 スタンド方向へ走り出した背番号19は跳躍すると、両手でガッツポーズ。そしてチーム全員でもぎ取った1点を仲間たちとともに喜んだ。「得点を狙えと言って送り出した」という仲田和正監督の期待に対し、献身的なランニングと身体張った守備面も含めて見事に応えた。

 4月から5月にかけて行われた関東大会予選では決勝を除く4試合全てでゴール。チームを救う活躍を見せていたが、総体予選では無得点が続いていた。先発起用された準決勝でチームは勝利したが、自身はノーゴール。危機感を抱いていたが、「きょうに懸けていました」というFWは優勝決定弾を決めてヒーローになった。

「全国に行って自分が決めてチームを優勝させたいと思います」。高らかに宣言したストライカーは日々のトレーニングで成長し、チームの信頼をまた高めて、全国で大暴れする。

[写真]後半28分、日本航空FW岩下が決勝ゴールを喜ぶ

最終更新:6月20日(月)8時53分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]