ここから本文です

EURO初勝利の立役者、アルバニアFW「言葉で説明できない、とても感動的」

ゲキサカ 6月20日(月)10時33分配信

[6.19 EURO A組第3節 ルーマニア0-1アルバニア リヨン]

 EURO2016のグループリーグ第3節が19日に行われ、A組では初出場のアルバニア代表がルーマニア代表に1-0で勝利した。EURO初白星を挙げたアルバニアはA組3位に浮上。各組3位の成績上位4チームに入っての決勝トーナメント進出へ望みをつないだ。

 EURO初出場のアルバニアが3試合目にして、ついに初勝利を手に入れた。歴史へ新たな1ページを刻んだが、決勝点となったのは前半43分の得点。右クロスからFWアルマンド・サディクが決めたヘディングシュートだった。

 試合後、値千金の決勝点を決めたサディクは「言うまでもなく、とても嬉しい気持ちでいっぱいだ。これで目標を達成できたのだから、本当にハッピーだよ」と喜びを表した。『UEFA公式サイト』が伝えている。

 仕事を果たしたストライカーだがチーム全員を労い、「自分がゴールを決めたことにとても満足しているけど、すべての賛辞はチーム全員に贈られるべきだ」とコメント。

 得点シーンの感情について問われると、「言葉で説明できない。とても感動的だったね。すべてのアルバニア人を心から喜ばせることができた。自分としてはそれが本当に嬉しい」と喜んだ。

最終更新:6月20日(月)10時33分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。