ここから本文です

[東海]東海学園大が常葉大浜松下し、首位キープ!静産大が2位浮上:第7節

ゲキサカ 6月20日(月)11時47分配信

第55回東海学生サッカーリーグ戦1部

 第55回東海学生リーグ1部の第7節が18日に各地で行われた。首位に立つ東海学園大はFW畑潤基(4年=東海学園高)のPKを含む2得点の活躍で常葉大学浜松キャンパスに2-1で勝利。首位の座を守った。

 東海学園大は前半18分、同32分に畑がゴール。後半34分に常葉大浜松に1点を返されたものの最小失点に食い止め、2-1で勝利した。畑は2試合連続ゴールで計18得点。得点ランキングトップに立つFWは2位以下を大きく引き離している。

 また3位の静岡産業大は2位へ順位を上げた。今節では前半2分にFW遠山拓民(2年=甲府U-18)のゴールで先制すると、後半にも1点を追加。名古屋商科大に2-0で完封勝利した。勝ち点2差の2位・常葉大浜松が敗れたため、勝ち点1差で上回ると2位に上がった。首位の東海学園大とは勝ち点2差となっている。

 4位の中京大は愛知学院大に1-0で勝利。後半36分にMF藤島樹騎也(2年=星稜高)の決めたゴールが決勝点となり、3戦ぶりの白星を手に入れた。

 なお前節で今季初白星を手にした静岡大は2連勝。MF内海徹也(3年=川和高)が3戦連続のゴールを決め、岐阜経済大に3-1で勝利している。

結果は以下の通り

愛知学院大 0-1 中京大
[中]藤島樹騎也(71分)

岐阜経済大 1-3 静岡大
[岐]中村永輔(88分)
[静]古川由2(23分、62分)、内海徹也(49分)

中部大 1-1 名古屋経済大
[中]齋藤優貴(80分)
[名]久保敦也(4分)

常葉大浜松キャンパス 1-2 東海学園大
[常]酢崎祥人(79分)
[東]畑潤基(18分、32分)

名古屋商科大 0-2 静岡産業大
[静]遠山拓民(2分)、額賀優斗(76分)

■順位表
1.東海学園大(19)+31
2.静岡産業大(17)+12
3.常葉大学浜松(16)+13
4.中京大(16)+2
5.岐阜経済大(8)0
6.愛知学院大(7)-3
7.静岡大(7)-5
8.名古屋経済大(5)-9
9.名古屋商科大(3)-13
10.中部大(0)-28

▽得点ランキング
1位:18点
畑潤基(東海学園大)
2位:6点
大野耀平(常葉大浜松)
知念慶(愛知学院大)
4位:5点
竜田和哉(東海学園大)
遠山拓民(静岡産業大)
6位:4点
谷口海斗(岐阜経済大)
古川由(静岡大)
藤島樹騎也(中京大)

最終更新:6月20日(月)11時47分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]