ここから本文です

「つまらないFKからどうやって」…英メディアが好調ベイルを直撃

ゲキサカ 6月20日(月)22時21分配信

 英国メディア『スカイスポーツ』が、EURO2016で2試合連続で直接FKを決めているウェールズ代表FWガレス・ベイルを直撃し、「以前の『つまらない』FKから、どうやってEUROで見せた素晴らしいFKに辿り着いたのか」という疑問をぶつけている。

 ベイルは初戦となった11日のスロバキア戦で前半10分に先制点となる直接FKを決めると、2試合目のイングランド代表戦でも前半42分にFKを直接ねじ込んだ。

 好調の要因について語ったベイルは、以前とは蹴り方を変えていることを明かしている。
 
「前はボールを曲げようとしていたけど、別のテクニックを取り入れることにしたんだ。そっちのほうがワクワクすることに気づいたからね。曲げようとして蹴るのは少しつまらないと思ったんだよ」

「今のFKの蹴り方のほうが楽しいんだ。バーから50ヤード離れたところに蹴ってしまう可能性もあるんだけど、それでもこっちのほうが断然マシに見える。この大会のボールはリーガ・エスパニョーラのものともプレミアリーグのものとも全然違う。うまく蹴ることができれば、ものすごくよく飛ぶんだ。だからGKには少し同情するけど、僕らにとっては都合がいい」

最終更新:6月20日(月)22時51分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報