ここから本文です

ダイハツのモノ作りの哲学が明らかに!『ダイハツ コペン開発物語』発売

オートックワン 6/20(月) 18:14配信

初代コペンを引き継ぐ大注目の「2代目」その開発を担った技術者たちの姿を克明に記録

ノンフィクション作家 中部博氏による「ダイハツ コペン開発物語」が2代目コペンの誕生日にあたる6月19日に発売された。

このニュースのフォトギャラリー

小さなオープンカーに電動ハードトップを搭載して度肝を抜いた初代コペン。

その「2代目」を開発するという苦闘に挑戦した技術陣の原動力は、クルマの楽しさを感じてほしいという思いだった!

2年間にわたる徹底取材で開発者に密着し、その証言を自動車業界に精通したノンフィクション作家が、総力を挙げてまとめた初のドキュメント。

ダイハツのモノ作りの哲学が明らかに!

『ダイハツ コペン開発物語 「クルマって楽しい」を届けたい』

本題:ダイハツ コペン開発物語

副題:「クルマって楽しい」を届けたい

著者:ノンフィクション作家 中部博

発行:三樹書房

体裁:四六判・上製・304頁

定価:1620円(本体価格1500円)

発売:2016年6月19日(2代目コペンの誕生日)

最終更新:6/20(月) 18:14

オートックワン

なぜ今? 首相主導の働き方改革