ここから本文です

MINI、シェアで実現するクルマの未来を提案

carview! 6/20(月) 19:45配信

創業100周年を迎え、各ブランドから未来のコンセプトカーを発表したBMWグループ。MINIブランドは、都市向けコンパクトのあり方を提案する「MINI VISION NEXT 100」を披露した。

【この記事を動画付きで見る】

「MINI VISION NEXT 100」は、デジタル化およびコネクティビティ(ITとの融合)との連携により劇的な変化する、次世代モビリティのひとつの姿を示すコンセプトカー。どこにいても昼でも夜でも必要なときに呼び出すことができ、さまざまな要求に応えてくれる、そんな未来のクルマの姿が描かれている。

BMWデザイン部門のトップ、アドリアン・ファン・ホーイドンク氏によれば、「MINIは、個々のあらゆるユーザーニーズに応えられるオーダーメイドのモビリティを追求している。そうした恩恵をもたらしてくれさえすれば、クルマは必ずしも個人の所有物である必要はない」と述べ、カーシェアリングのようなかたちで実現するモビリティのビジョンを描く。

コンセプトカーの最小限の装備のみを搭載したシルバーの車体は、ユーザーニーズにあわせて自在に変化できることを意味し、カラーやグラフィック、装備などはカスタマイズが可能。車内の中央に備わる丸形の機器を通じて、ドライバーとコミュニケーションをとり、自動運転やさまざまなエンターテイメントの提供が可能となっている。

一方、「MINI VISION NEXT 100」はドライバーが自ら運転することも可能で、スピード感ある走りやコーナーでの俊敏な動きといった運転の楽しみをもたらす要素は残されるという。また自動運転による走行中であっても、走りを盛り上げる空間の演出が追求されるという。

BMWは、デジタル技術が進化することで、クルマや住居、さまざまなモノのコミュニティ内での共有可が進み、それにより、誰もが他人とメリットを共有する互恵的な社会の実現をイメージしている。モノの共有は限られた資源の有効利用にも繋がり、モビリティは人々の生活に変化をもたらす重要な役割を果たすとしている。

株式会社カービュー

最終更新:6/21(火) 10:42

carview!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。