ここから本文です

【ムエタイSF】ピンサヤームがTKO圧勝

イーファイト 6月21日(火)0時20分配信

キングムエエンタープライズ
「Wanchai+Kingthong MuayThai Super Fight」
2016年6月19日(日)愛知・名古屋国際会議場イベントホール

【フォト】圧倒的な強さを見せ付けたピンサヤームのハイキック

▼第12試合 メインイベント タイ・中国国際戦 59kg契約 3分5R
○マキ・ピンサヤーム(真樹ジムAICHI/第20代MA日本スーパーバンタム級王者)
TKO 4R 2分15秒 ※パンチ連打
●ゴン・ユアン・クン(中国/「SUPER MUAY THAI」63.5kgトーナメント優勝)

 ピンサヤームは日本国内で2013年から負け無しの11連勝中、戦績も14勝中7KOとKO率5割を誇る。今大会のメインイベントに出場し、 中国のゴン・ユアン・クンと対戦した。

 クンは38戦25勝11敗2分とピンサヤームの戦績にははるかに及ばないが、今年2月にタイで行われた「SUPER MUAY THAI」で63.5kgの4人制トーナメントに出場、体格に勝る強豪選手を退け優勝している現役バリバリのムエタイファイターだ。

 1R、クンはジャブ&ローのオーソドックスなスタイルで前へ出て行く。ピンサヤームはハイキック、速い左フックでクンを警戒させておいて、重い右ローを蹴る。このローで早くもクンの身体が流れる。ピンサヤームはクンの蹴り足をキャッチして飛びヒザ蹴り、すぐさま右ヒジを見舞う。

 2R、前に出てくるクンの左足に右ローを集中させるピンサヤーム。かと思えば右ハイも浅くヒットさせる。クンも速い攻撃に臆することなく前へ出続けてフックを繰り出すが、なかなかヒットを奪えない。

 3R、クンは思い切ってパンチで入り込むが、やはりピンサヤームに右ローを蹴られる。クンの蹴り足をキャッチして左足に放った右ローが強烈にヒットし、クンは膝を折る。さらにピンサヤームはパンチも当てていき、ハイキックでもクンを脅かす。

 4R、クンは前に出て右のパンチを放っていくが、ピンサヤームの左右ハイに脅かされ、ヒジの打ち合いではヒジ打ちを入れられる。前に出るピンサヤームが右ローと右ストレート。ピンサヤームの右ロー連打にもはや棒立ちとなるクン。

 スタンディングダウンが取られ、再開してもクンは下がる一方でピンサヤームのパンチ連打を浴び、ロープを背負って防戦一方となったところでレフェリーが試合をストップ。ピンサヤームが圧倒的な強さで12連勝を飾った。

最終更新:6月21日(火)0時20分

イーファイト

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]