ここから本文です

福井県小浜市で「空き家ツアー」 小浜暮らしの魅力を説明

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ 6月21日(火)10時28分配信

 小浜の古民家に移住しませんか―。福井県小浜市の情報を全国発信している市民グループ「KISUMO小浜」は8月6日、初めての空き家ツアーを行う。小浜暮らしの魅力を説明しながら、農家や町家計5件を見て回る。市外からの移住のきっかけとして期待されている。

 小浜市によると現在、木造住宅は約9300戸あり、うち7%の約670戸が空き家となっている。


 紹介する物件は、同市中名田地区の農家2戸と、旧小浜市街の町家3戸。いずれも築50年以上たっているが、手を加えなくても住むことができる。広さは30~300坪。農家2戸と町家1戸は300~500万円で購入できる。他の町家は月5、6万円の賃貸となる。

 東京からの移住者であり、KISUMO小浜Iターンプロジェクトのリーダーを務める馬場淳子さんらが案内する。馬場さんは「小浜の水道水は地下水で、人は素朴。女性目線で、参加者に魅力を伝えたい」と意気込んでいる。

 当日は午後1時にJR小浜駅集合。定員は10人程度。参加は無料だが、事前申し込みが必要。

 申し込み、問い合わせは小浜市人口増未来創造課=電話0770(64)6008。KISUMO小浜のホームページ(http://www.kisumoobama.jp)からも申し込みできる。

最終更新:6月21日(火)10時28分

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ