ここから本文です

阪神で7勝の固め打ち!和田騎手「わたくしプロですから(笑)」

netkeiba.com 6月21日(火)14時48分配信

 18日19日の阪神競馬で、7勝を挙げる活躍を見せた和田竜二騎手。土曜日に3勝、日曜日が4勝、さらに両日のメインレースも制するという際立つ勢いだった。絶好調の要因は何なのか、和田騎手を直撃。サトノノブレスで挑む宝塚記念への意気込みもお聞きしました。

――土日で7勝、2着4回と大暴れ。この成績をご自身ではどう感じていますか?

 先週はいっぱい良い馬に乗せてもらいましたからね。応援してくださる関係者やファンの皆さんに感謝しています。

 チャンスがある馬に乗せていただければ結果を残せるように、日々準備をして取り組んでいますから。先週は馬のめぐりが良かった。それだけです。特に自分自身が絶好調とか、そういうことはありません(笑)。

――先月の8日にはJRA通算1000勝を達成。この節目を機に変化はあったのでしょうか?

 良い結果を残せるように、騎乗技術はもちろん、気持ちの面でも常日頃から準備をして取り組んでいます。わたくしプロですから!(笑)。

 そういう気持ちは常に持ち続けています。急に変われるものではないですからね。

――良い勢いで臨む今週末の競馬ですが、サトノノブレスでの宝塚記念も控えています。手応えはいかがですか?

 何度も乗せていただいてますが、天皇賞・春では自分の競馬ができずに能力を出し切れなかった。馬の持ち味を引き出せるように乗るだけです。

 2200mなら折り合いに気を遣わなくてすみますし、だいぶ阪神の芝が重くなってきたのも、他馬が苦にする分、こちらに分があるでしょう。思い切った競馬をしたいですね!

(取材:馬サブロー安里真一)

最終更新:6月21日(火)14時48分

netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。