ここから本文です

英EU離脱、豪州への影響は? メディアは平静装うが、二重国籍者には大きく

ZUU online 6/21(火) 8:10配信

英国インデペンデント紙主導による、英国EU離脱に関しての調査が国民2000人を対象に実施され、最新のデータによると、EU離脱を指示する国民が全体の55%と半数以上を占める結果となり大きな波紋を呼んでいる。

英国がくしゃみをすると豪州が風邪を引くと言われるに等しく、英国のお膝元である豪州にも、EU離脱が確定すれば、株式市場や経済情勢に大きな影響を出そうである。少なからず、豪州株式市場で英国EU離脱への懸念思想が広がっているのは事実であるようだ。

今回は英国のEU離脱について豪州メディアのとらえ方、考えられる豪州への影響などを交えながらまとめてみよう。

■豪州メディア 英国EU離脱の可能性に平静さ装う

豪州メディアは、豪州政府がおよそ平静な面持ちで英国EU離脱の可能性を受け止めていると伝えている。現在のところ豪州市場で株価暴落などの大きな影響は出ていないが、政府外交筋は今回の離脱騒動をこう伝えている。

「英国がEUを離脱しようがしまいが、事態を複雑にするようなコメントは避けたいし、憶測を巡らしても仕方がない。ただし、豪州の労働賃金に多大な影響が出てくる可能性は考えられる」

メディアの対応に対して受ける印象は、誰も真実は語らないと言った姿勢である。

英国の女王は豪州の女王でもある。また法的に従属性のある関係にあることから、豪州政府も騒動の対応に慎重さを欠くことはできないといった雰囲気だ。

■EU離脱で受ける二重国籍者への影響

一方、ある国内メディアはこんなことを指摘している。

英国には二重国籍を取得しているオーストラリア人が1500万人に上ると言われており、国籍取得者には様々な魅力的な権利が与えられている。英国のみならずEU28カ国へビザなしで移住でき、仕事を得ることできるのだ。

しかし、英国のEU離脱が決定すればこれらの権利はすべて消滅。以後、他のEU国への行き来に別途ビザが必要になり、今までスムーズに行っていた雇用状況も大きく歯車が狂ってくるワケである。これは在オーストラリア人にとって間違いなく悲惨な結末と言えよう。
この事実を背景に見れば、今まで二重国籍者としての特権を利用していないオーストラリア人にとっては、それほど影響はないものと伝えられている。

■繊細な政治問題「難民の受け入れ」が背景にも

豪州と並行して英国が直面している難民受け入れの問題。現在も多くの難民がEU加盟国から英国に向かって脱出を試みている。ここで考えなければならないのは、EU加盟国のルールで難民受入れは拒絶できないということだ。

そして、難民として受け入れられれば、英国の誇るべき厚い社会保証が待っているワケである。英国側にすれば財政苦と安全性の両面で大打撃を食らっているのが実情だ。

■豪州ベースの企業はロンドンから撤退の危機

欧州の金融・経済を仕切っているのはロンドンである。多くの豪州優良企業がロンドンに拠点を置き、自由にビジネスが行われている。英国のEU離脱によって考えられる最大の懸念は英国通過ユーロ・ポンドが暴落することだ。そうなれば、海外投資の尻込みは避けられず、危機回避の為に多くの企業が撤退する方向に動くと予想されている。

また今回の結果が一体どう出るのか「平静さを保てない」と本音を語る豪州企業が増加しているのも事実である。しかし、英国のEU離脱によってプラスになる部分もあることを忘れてはいけないだろう。

■豪州ワイン産業には明るい兆し?

長年に渡り英国に向けて盛んに行われてきた「オーストラリア産ワインの輸出」。2015年には4200万豪ドルという莫大な取引を成功させている。実は、英国のEU離脱によってこのワイン産業に更なる好転機が訪れるというのである。

今までのワイン産業はどうしても欧州フランス、イタリア、スペインに押されがちだった。理由の1つの「税金がかからない」という大きな利点が挙げられる。しかし、英国がEUを離脱することによって無税という特権がなくなってしまうのだ。これでオーストラリア産ワインもフランスなどのワイン強豪国と方を並べて堂々と戦えるようになるのではないか……そう前向きな感触を示しているのである。

■英国のEU離脱は「逆境の中の希望の光」との声も

英国のEU離脱を「希望の光」と見る人もいることに注目をしたい。

英国に移住しているオーストラリア人にとって、これほど恐怖に感じた時期はなかったであろう。英国がEUを離脱をすれば、EU諸国からの難民受入に堂々と「NO」が言えるのである。ズタズタに切り刻まれた英国社会情勢を立て直す為に何が必要か、法的基盤をしっかり固める英国の姿勢に同調する声も上がっている。

豪州政府にとっても、また豪州国民にとっても運命となる6月23日。英国がEUに残留するのか離脱するのか決定する。

結果がどちらに転がっても豪州は英国のお膝元。何とか乗り切って行かなければいかないのが現状である。豪州メディアは英国のEU離脱について多くを語らない姿勢でいるが、それも運命の日を前に必死で沈黙を守る、母国英国に対しての従順で正当な姿勢なのかもしれない。(トリ―・雪香、豪州在住のフリーライター)

最終更新:6/21(火) 8:10

ZUU online

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。