ここから本文です

台湾「唐奨」法治賞のアルブール氏、「賞は自身への励み」

中央社フォーカス台湾 6月21日(火)13時1分配信

(香港 21日 中央社)東洋のノーベル賞とされる「唐奨」法治賞の第2回受賞者に選ばれたルイーズ・アルブール氏は中央社の取材に応じ、受賞は自身にとって大きな励みになったと喜びを語った。

法治賞の受賞者は21日、唐奨教育基金会により発表された。

アルブール氏が受賞を知ったのは5月30日。当時、アルブール氏は大学での講演のため香港を訪れており、同基金会の陳振川董事(理事)兼執行長(CEO)らはこの機会を利用しようと現地に飛び、受賞の知らせを直接伝えた。

アルブール氏は中央社の取材に対し、「とても驚いています。謙遜する気持ちもあります」と興奮を隠し切れない様子で話した。

今後の取り組みについて尋ねられると、今回の受賞の機会を一つのプラットホームとし、法の支配のために声を上げていきたいと意欲を示した。

アルブール氏は、同賞は法律の仕事に携わる人々にとって励ましになると強調し、今後もずっと続いてほしいと願った。

(張謙/編集:名切千絵)

最終更新:6月21日(火)13時1分

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。