ここから本文です

トム・ヒドルストンが“伝説のシンガー”を演じる新作映画が公開

ぴあ映画生活 6月21日(火)17時0分配信

『マイティー・ソー』『クリムゾン・ピーク』のトム・ヒドルストンが、1950年代にアメリカで活躍した実在のシンガーに扮した映画『アイ・ソー・ザ・ライト』が10月に公開されることが決定した。

その他の情報

本作でヒドルストンが演じるハンク・ウィリアムズは、二分脊椎症を抱えながら貧困の中で育ち、1947年にカントリー歌手としてデビュー。1953年に29歳の若さでこの世を去ったが、6年の間に彼が発表した楽曲は、エルヴィス・プレスリーや、ザ・ビートルズらに大きな影響を与えた。

映画は、ハンク・ウィリアムズの半生を描くもので、ヒドルストンは猛特訓を積んで、劇中に登場する歌をすべて自分で歌唱。『アベンジャーズ』のエリザベス・オルセンが、ハンクの妻オードリーを演じ、製作者として数々の大作を手がけてきたマーク・エイブラハムが脚本と監督を手がける。

『アイ・ソー・ザ・ライト』
10月1日(土)より、新宿ピカデリーほか全国ロードショー

最終更新:6月21日(火)17時0分

ぴあ映画生活