ここから本文です

<香川照之>薬師丸ひろ子の歌声に鳥肌 「もう神だな」

まんたんウェブ 6月21日(火)16時54分配信

 女優の薬師丸ひろ子さんと俳優の香川照之さんが21日、東京・渋谷のNHKで行われた終戦ドラマ「百合子さんの絵本~陸軍武官・小野寺夫婦の戦争~」(NHK総合)の会見に登場。印象に残っているシーンやせりふを聞かれた香川さんは「撮影じゃないんですけど」と前置きし、「打ち上げの時に薬師丸さんがミニコンサートと称して、『セーラー服(と機関銃)』『探偵物語』『Wの悲劇』『あまちゃん』を歌ってくれまして、この4曲は鳥肌立つくらい覚えています。もう神だな、この人って」と歌声を絶賛した。

【写真特集】35年前の薬師丸ひろ子 セーラー服姿でおなかチラリ

 ドラマは、「ムーミン」など児童文学の翻訳者として知られる小野寺百合子(薬師丸さん)が主人公で、第二次大戦中、北欧・スウェーデンを舞台に繰り広げられた命がけの情報争奪戦、駐在武官の夫とともに諜報の最前線を生きた女性の姿を通し、夫婦の愛と絆を描く。香川さんが百合子の夫で、「諜報の神様」と言われたスウェーデン駐在の陸軍武官・小野寺信を演じ、加藤剛さん、吉田鋼太郎さんらも出演する。

 香川さんは薬師丸さんについて、「何より隣にいさせていただいて、一番大きく感じたのは『気品』。彼女が昭和の20年に連れていってくれました。彼女が当時の日本の何か、精神性のようなものに誘ってくれた感覚がある。僕は薬師丸さんとこの役を通して、時空間を超えるということを本当に初めて体験することができた」とコメント。「薬師丸さんのたたずまいが、皇后陛下にも見えて……、いつか皇后陛下の役をやっていただきたい」と希望を明かしていた。

 一方、主演を務めた薬師丸さんは、香川さんやスタッフから「いい意味でとても追い詰められました」と告白。「個人の思想が反映する作品で、戦争に対しての思想をはっきりと持つべきだって、どんどんと追い詰められる中、手探りではありましたけど、何とか香川さんの力を借りて完走した感じです」と振り返ると、「35歳から75歳まで演じさせていただいて、生き抜いたなって」と感慨深げに語っていた。

 ドラマはNHK総合で7月30日午後9時~同10時半に放送。

最終更新:6月21日(火)16時57分

まんたんウェブ