ここから本文です

来たれ!!大志抱く高卒者 大手企業が求人票提出

沖縄タイムス 6/21(火) 5:02配信

 那覇公共職業安定所(阿部誠所長)は20日、来年3月に高校を卒業し、就職を希望する人たちの求人受け付けを始めた。大手企業8社の採用担当者が集まり、正社員151人分の学卒用求人票を提出した。
 阿部所長は8社の担当者へ、昨年春に高校を卒業した県内求職者の内定率が過去最高の92・5%だった一方、依然として全国平均の99・1%と大きな差があることを説明。「一人でも多くの内定者が出るよう努力するので、支援と協力をお願いしたい」と要望した。
 県内の各企業向けには(1)正社員の求人(2)早期の採用計画策定と求人票の提出(3)9月16日の選考開始後、早期に採否の結果を決め、高校に連絡-などの取り組みを求めた。
 オリックス・ビジネスセンター沖縄(那覇市)の総務部で採用を担当する久貝信博さんは「採用では創造性、チャレンジ精神、チームプレイを重視する。意識して面接などに臨んでほしい」と学卒者に助言した。

最終更新:6/21(火) 10:40

沖縄タイムス