ここから本文です

『ギルティギア』シリーズの重厚なロックサウンドを生演奏! 音楽ライブイベント“Rock on 2Night GUILTY GEAR LIVE 2016 ”リポート

ファミ通.com 6月21日(火)12時32分配信

●『ギルティギア』シリーズの重厚なロックサウンドを生演奏!
 2016年6月17日、東京・新宿にて、アークシステムワークスの人気格闘ゲーム『ギルティギア』シリーズの音楽ライブイベント“Rock on 2Night GUILTY GEAR LIVE 2016
”が開催された。ロックサウンドで盛り上がった会場の様子をリポートする。

■Rock on 2Night GUILTY GEAR LIVE 2016とは?
 『ギルティギア』シリーズはそのゲーム性のみならず、個性的なキャラクター達が織りなすストーリーや音楽においても世界のファンに愛されている作品。今回実施されたのは、作中で使用されているBGMや挿入歌といった楽曲の生演奏が披露される、単独スペシャルライブイベントだ。公演は大阪と東京の2DAYS。同シリーズの魅力の一部を支えるロックサウンドのライブとあり、ファン達から大きな期待が寄せられていた。

 東京公演の会場となったのは新宿のライブハウス“新宿BLAZE”。開場前の入り口付近ではスタッフの誘導に従って来場者が待機列を形成。中には過去の関連イベントで販売されたTシャツを着て来場するファンも見られ、『ギルティギア』への熱い愛を感じさせる雰囲気となっていた。

 いよいよ開演。一発目はつい先日家庭用版が発売されたばかりのシリーズ最新作『ギルティギア イグザード レベレーター』OP曲からスタート。出演アーティストは以下の5名だ。(敬称略)

NAOKI HASHIMOTO(Vocalist)
梶原稔広(Guitarist)
長谷川淳(Bassist)
KEN☆KEN (Drummer)
佐藤ノリチカ(Guitarist/ASW)

 同シリーズの音楽はもともとロック調の音楽が主流。開演前のアナウンスでは“本公演はロックライブです!”の宣言があり、オーディエンスのノリは出だしから最高潮。演奏メンバーは期待を裏切らない重厚なサウンドを披露し、HASHIMOTO氏はハイテンションな歌声でファンを盛り上げた。

 ヴォーカル曲を4曲披露した後は、インストロメンタルを含めるキャラクターのテーマ曲が次々に登場。ステージ最奥に設置されたスクリーンにはキャラの姿とタイトルが映され、ビジュアル面の演出も強大。魅力的なキャラが好きなファンを大いに喜ばせた。

 ライブ後半にさしかかった14曲目では、ファンの間でも特に大きな人気を集める、ザトーvsミリアの対戦BGM“Still in The Dark”が登場。ここではなんと、『ギルティギア』シリーズのゼネラルディレクターを務める石渡太輔氏がギターで参入! もちろんファンたちは大歓声で迎え入れ、この日最高のテンションとなった。
 演奏後、石渡氏は引き続きマイクをもってMCに参加。登場前はすごく緊張した事や、オーディエンスの中で大阪公演で見た顔がいる、といった話題で会場を沸かせた。続く“HEAVY DAY”の演奏にも加わり、シリーズ生みの親である石渡氏の生演奏を十分に堪能させてくれた。

 終始アツいペースで続けられた2時間半近くのステージは、アンコールを含めて19曲で完走。最後はアーケード版『ギルティギ アイグザード サイン』のエンディング曲“Lily”で締めくくった。

 今回の公演は、演奏はもちろん光源の演出などを含め、全てに於いて“ゲームミュージックの音楽会ではなくロックライブをやりたかった”という意志がビシビシと伝わってくる内容。重厚な石渡サウンドを期待して来場したファンを十二分に満足させるイベントとなっていた。コンテンツをゲーム内だけに完結せず、幅広い展開でファンを楽しませてくれるアークシステムワークスの活動には今後も大いに期待したい。

●東京公演セットリスト
1 Safe Intoxication
2 SHOTGUN&HEAD
3 Sky Should be High -Vocal Version-
4 Birthday Train
5 Original Bet
6 Juno
7 Bao Babel Nose
8 TSUKI NO SHIHAI
9 Wanna be Crazy
10 Storyteller
11 All I Can Do
12 Marionette
13 Holy Orders (Be Just Or Be Dead)
14 Still in The Dark
15 HEAVY DAY
16 Divide My Heart
17 Ride the Fire!
18 Icarus
19 Six Black Heavens Guns
20 Big Blast Sonic
21 Lily

最終更新:6月21日(火)12時32分

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。