ここから本文です

【投資のヒント】5年前に比べ外国人持ち株比率が大きく低下した銘柄は

ZUU online 6/21(火) 19:00配信

東京証券取引所などによる2015年度株式分布状況調査によると外国人の株式保有比率は、前年度比1.9ポイント低下の29.8%と4年ぶりの低下となり30%を3年ぶりに割り込みました。

日本株を5兆円売り越したことや、株価下落もあって3月末時点での外国人の保有額は154兆円と1年前に比べて28兆円近く減少しています。そしてこのように外国人の株式保有比率が低下するなか、3月末の外国人持ち株比率が1年前に比べて低下した銘柄も目立ちます。

そこで今回はそうした銘柄のなかから5年前と比べて外国人持ち株比率が5ポイント以上低下している銘柄をTOPIX500採用の3月期決算企業を対象にピックアップしてみました。

例えば日本板硝子 <5202> では外国人持ち株比率が5年前に比べ20ポイントも下がっているほか、ディー・エヌ・エー <2432> やヤマダ電機 <9831> でも18ポイント以上も外国人持ち株比率が下がっています。

金山敏之(かなやま・としゆき)
マネックス証券 シニア・マーケットアナリスト

最終更新:6/21(火) 19:00

ZUU online

チャート

日本板硝子5202
821円、前日比+14円 - 12/6(火) 15:00

チャート

ディー・エヌ・エー2432
3065円、前日比-35円 - 12/6(火) 15:00

チャート

ヤマダ電機9831
612円、前日比+7円 - 12/6(火) 15:00

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。