ここから本文です

<キンプリ>BD、DVDがそろってオリコンアニメ部門首位 BDは1.3万枚

まんたんウェブ 6月22日(水)4時0分配信

 22日に発表されたオリコン週間ブルーレイディスク(BD)ランキング(27日付)によると、“応援上映”も話題の劇場版アニメ「KING OF PRISM by PrettyRhythm」(略称・キンプリ、菱田正和監督)のBD(17日発売)が、発売初週に約1万3000枚を売り上げ、アニメ部門の首位を獲得。総合部門でも3位にランクインした。DVD(17日発売)は発売初週に約5000枚を売り上げ、同DVDランキングのアニメ部門の首位に輝き、総合部門の5位にランクインした。

【写真特集】これが話題の「キンプリ」だ 衝撃のシーンの数々

 「キンプリ」は、2013年4月~14年3月に放送された女児向けテレビアニメ「プリティーリズム」シリーズのスピンオフで、同シリーズのDVDやBDが首位を獲得するのは初めて。これまでの同シリーズの映像作品の最高位は、DVDが「プリティーリズム・レインボーライブ DVD BOX-2」(14年6月発売)の総合40位、BDが「Pretty Rhythm PRISM SHOW☆FAN DISC」(3月発売)の総合23位だった。

 「キンプリ」は、男性アイドルのコウジ、ヒロ、カヅキたちが歌とショーにかける姿を描いた劇場版アニメ。1月9日に公開され、わずか14館での公開という小規模でのスタートで、公開2週目には9館に減少したが、口コミで話題となり、延べ上映館数が約100館にまで拡大。映像に合わせて声援や合いの手を入れ、サイリウムを振りながら楽しめる観客参加型の応援上映が「ワイドナショー」「めざましテレビ」(ともにフジテレビ系)、「お願い!ランキング」(テレビ朝日)で取り上げられるなど話題になり、現在も上映が続いている。興行収入は6億円、動員数は39万人を突破している。

 BD、DVDともに、初回生産特装版には、9月11日に東京国際フォーラムホールC(東京都千代田区)で行われるイベント優先販売申し込み券が特典として封入されている。

最終更新:6月22日(水)4時0分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。