ここから本文です

DynamicMotionから世界初同軸一体型の2ウェイハイブリッドドライバー搭載イヤフォン新発売

CDジャーナル 6月21日(火)16時36分配信

 2013年のデビューから革新的なドライバー技術で高い評価を得ている「DynamicMotion」が、BAドライバーとダイナミックドライバーを同軸上に配置するという世界初の同軸一体型2ウェイハイブリッドドライバーユニット“Bluls Eye Driver”を搭載したイヤフォン「DM200H」(オープン価格 29,500円前後)を6月29日(水)に新発売。

 本機は強力なネオジウム・リングマグネットを採用し、ダイナミックドライバーで定評あるDynamicMotionならでの仕様。力強い低域再生力と解像力を併せて実現しています。またダイナミックドライバーの同軸上にBAドライバーを配置することで、相互に干渉することなく位相特性に優れた再現性も実現。音像定位と音場再現性に優れた“点音源再生”が最大の特長である同軸ユニットならではの高解像度と自然な帯域バランスの両立に成功しています。40kHzまでの広い周波数特性を有しており、ハイレゾ再生にも対応。ケーブルは、本機の輸入代理店であるサエクコマースがオーディオアクセサリーの製造販売専門メーカーでもあることから、両社のコラボレーションにより製造。イヤフォン導体中央にケブラー繊維を配置し、強度と導通特性に優れた最適なマッチングを施しています。

最終更新:6月21日(火)16時36分

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。