ここから本文です

RAZER、第6世代インテルCore i7、NVIDIA GeForce GTX 970M搭載ゲーマー向けノートPC“Blade”を国内発売

ファミ通.com 6月21日(火)16時51分配信

●最高の速さと性能でゲーマーを魅了するノートPC
 Razerは、ゲーマー向けノートPC“Razer Blade”(85キー日本語レイアウト)を、RazerStoreで本日2016年6月21日より販売を開始した。価格は22万9800円[税抜]。

 以下、リリースより。

----------

 ゲーマー向けデバイスおよびソフトウェアの分野における世界的リーダー企業 Razer(本社: カリフォルニア州アーバイン、代表取締役兼CEO: Min-Liang Tan) は、本日よりゲーマー向けノートPC新製品「Razer Blade」(85キー日本語レイアウト)をRazerStore ( RazerStore.com )で発売します。従来モデルよりも更に高性能に生まれ変わり、お求めやすい低価格(税別229,800円 )を実現しました。

 新しい Razer Blade は最新の第 6 世代 インテル? Core? i7 クアッドコアプロセッサーと NVIDIA GeForce GTX 970M GPU (VRAM: 6GB) を搭載しています。ストレージ(SSD)へのアクセスは、PCIe M.2テクノロジーにより、従来比最大3倍のスピードを実現しています。Killer Wireless-ACネットワークアダプターを内蔵し、すべてのモデルで、16 GB の DDR4 デュアルチャネル RAM を搭載しています。

 すべての Razer Blade モデルには、美しい映像を表現する 3200x1800 QHD+ ディスプレイを採用しています。薄さは 1.79mm、重量 1.93 Kgと、携帯性にも優れています。ディスプレイパネルと内部基盤は、航空機用と同じグレードのアルミをCNC削り出し加工で生産されたシャーシに収納されています。

 Razer Blade は、同社のBlade Stealth Ultrabook に続き、キーボードのキーそれぞれにRGBのバックライトを搭載した世界で2番目のノートパソコンです。マウスや外付けキーボード、ヘッドセット、マウスマットなど他のRazer Chroma採用製品同様、1,680万色の発色をカスタマイズでき、Synapseソフトウェアを使って「スペクトラムサイクリング」「ブリージング」「リアクティブ」など、様々なエフェクトをかけることができます。また、Synapseにより他のChroma対応製品とのシンクロした発光も簡単に設定できます。

 また、開発者向けには、ゲームに Chroma ライティング効果を統合できるSDKを 用意しています。 Call of Duty、Dota 2、Overwatch および Blade and Soulなどの AAA ゲームタイトルでは、既にChroma機能に対応しています。
 Razer Blade は、Razer Blade Stealth と同様、RazerStoreのみの直販ルートを採用することにより、低価格を実現しています。新しい Razer Blade は 229,800円 (税別)からとなっています。
 国内での販売、決済、発送、それに伴うサポートなど、RazerStoreの運営は、株式会社デジカが行います。

 Razer の共同創業者兼 CEO である Min-Liang Tanは次のように述べています。
「極めてアグレッシブな低価格設定を行っていますが、Razer Blade の性能やデザインで妥協することはありませんでした。当社は、CPU から GPU のパフォーマンスからシステムメモリ、ポート選択にいたるまで、14インチノートPCのあらゆる側面を吟味し改善を行いました。また、Chroma テクノロジーにより、ゲーミングノートPCでは前例のない程のエキサイティングな体験が可能となりました。」

 新しい Razer Blade は 近日発売予定の「Razer Core」 外部グラフィックスエンクロージャー(外付けビデオカードボックス)に対応しますThunderbolt 3 を使用して Razer BladeをRazer Core に接続することで、デスクトップPC並みの高性能グラフィックスと USB 3.0 やイーサネットなどのインターフェイスを追加し拡張性を向上させます。Thunderbolt 3 は、Blade のコンパクトなUSB Type-C ポートを介して、最大 40 Gbps の高速接続を提供します。これにより、Razer Coreのようなドック製品、ディスプレイ、またはデータ機器へ最速で最も可用性の高いインターフェイスとなります。

価格(いずれも税別)
Razer Blade 256 GB PCIe SSD: 229,800円
Razer Blade 512 GB PCIe SSD: 249,800円

仕様
CPU:Intel Core i7 -6700HQクアッドコアプロセッサ (2.6 GHz / 3.5 GHz)
グラフィックス:NVIDIA GeForce GTX 970M (6 GB GDDR5 VRAM)
メインメモリ:16 GB システムメモリー (DDR4, 2133 MHz)
OS:Windows 10 (64ビット)
ストレージ:256 GB または 512 GB SSD (ともにPCIe M.2 接続)
ディスプレイ:14.0" IGZO QHD+ アスペクト比 16:9、解像度 3200x1800、LED バックライト付き、静電容量マルチタッチ方式
キーボード:85日本語レイアウト採用、Chroma による個別バックライト機能、アンチゴースト機能、Razer Synapse 対応プログラム可能キーボード(トラックパッド付属)
ネットワーク:Killer Wireless-AC 1535 (802.11a/b/g/n/ac + Bluetooth? 4.1)
インターフェイス:Thunderbolt 3 (USB Type-C?)
USB 3.0 ポート x3 (SuperSpeed)
HDMI 1.4b ビデオ/オーディオ出力
3.5mm ヘッドフォン/マイク複合ポート
Webカメラ:内蔵ウェブカメラ (2.0MP)
スピーカー:内蔵ステレオスピーカー
マイク:内蔵型デュアルマイク
サラウンド機能:Dolby Digital Plus Home Theater Edition7.1 コーデックサポート (HDMI 経由)
セキュリティ機能:Trusted Platform Module (TPM 2.0) セキュリティチップ搭載 Kensington セキュリティスロット
電源:コンパクト 165W ACアダプター
バッテリー:内蔵 70Wh 充電式リチウムイオンポリマーバッテリー
サイズ:17.9 mm (高さ) x 345 mm (幅) x 235 mm (奥行き)
重量:1.93 kg

最終更新:6月21日(火)16時51分

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。