ここから本文です

日本パンク伝説“チフス(TYPHUS)”のほぼコンプリート音源集が登場

CDジャーナル 6月21日(火)16時36分配信

 日本最古のハードコア・パンクと伝えられる伝説的バンド“チフス(TYPHUS)”。約1年という短い活動期間中に発表された正式音源は遠藤ミチロウ(スターリン)主宰「Political Records」から1981年にリリースされたフレキシ「Typhus」のみとなっている同バンドの、ほぼコンプリート音源集にして初CD化となるディスコグラフィ『チフス』(FJSP-265 2,000円 + 税)が6月22日(水)に発売されます。

 1980年、後にGAUZEを結成することになるSHIN(b)を中心にあぶらだこのIZUMI(vo)、スターリン / ADK RecordsのTAM(g)らが加わりバンドがスタート。以降ニウバイルのKEN、スティグマのTAKUらも参加したチフス。SHIN監修の下で制作された『チフス』には、フレキシのリリース同年に解散した同バンドのほぼ全音源を収録。カセットテープでリリースされていた1980年のスタジオ・ライヴ音源を含む全13曲26テイクが収められています。なお、本作のバンド側収益は被災地への義援金 / 支援金に充てられることも発表されています。

最終更新:6月21日(火)16時36分

CDジャーナル