ここから本文です

帰宅途中、飛び降り自殺に巻き込まれ死亡した30代公務員に「公務上の死亡」認定

WoW!Korea 6月21日(火)11時55分配信

韓国・全南(チョンナム)谷城郡(コクソングン)は21日、退勤途中に不意の事故により命を落としたヤン・デジン氏(38)の「公務上の死亡」が認定されたことを明らかにした。

 郡によると、去る8日、ヤン氏の遺族が谷城郡(コクソングン)を経由し、公務員年金公団に遺族補償金を請求した結果、20日に「公務上の死亡」が認められ、遺族補償金支給の決定通知を受けた。

 これにより、ヤン氏の家族は遺族年金と一時遺族補償金を受けることになり、郡はヤン氏の遺族を支援し、後続手続きとして報勲処に国家有功者申請をおこなう予定だ。

 ヤン氏は先月31日、妊娠中の妻と息子と共に帰宅していたところ、マンションから飛び降りた公務員試験準備生とぶつかり死亡した。ヤン氏は全南谷城郡庁広報室所属の7級公務員だった。

最終更新:6月21日(火)11時55分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。