ここから本文です

ジョニデ、妻の仕打ちに「人がよすぎて騙される」とぼやく

Movie Walker 6月21日(火)14時0分配信

わずか15か月の結婚生活ののち、離婚を突き付けられた上にDV疑惑まで浮上してしまったジョニー・デップが、「自分は人が良すぎて騙されやすい」とぼやいているようだ。

【写真を見る】DV疑惑のジョニーがパーティでお楽しみ?

ハリウッド・ヴァンパイアーズのツアーのフィナーレを飾ったルーマニアのアフターパーティで、ジョニー本人が語った話として関係者が語ったところによれば、「もしすごいプレッシャーを感じていたら、彼はパーティに顔を出さないと思います。でも彼はとてもリラックスしていて、たしなむ程度にお酒を飲んで友人たちとの会話も楽しんでいました。アンバーについても、少し話していたようですよ」

「レストランのオーナーに、人が良すぎるのが自分の弱みだと言っていました。人が良すぎることが問題になることがあることもわかっているようです。アンバーがDVを訴えたことは極めてショッキングなことですが、彼の様子からあまり心配しているとは感じられませんでした。自分はやっていないので、アンバーの主張を受け入れてはいない、ということのようですね」

「結婚するまでのふたりの関係は素晴らしかったとも言っていました。とにかくパーティでは、女性とも話していましたし、いい雰囲気でしたよ」と、ミラー紙が伝えており、訴える側のアンバーがストレスで激ヤセしている一方で、疑惑を向けられているジョニーは「やってない」と余裕のようだ。【NY在住/JUNKO】

最終更新:6月21日(火)14時0分

Movie Walker

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。