ここから本文です

脱北従業員13人の保護決定 施設滞在延長へ=韓国

聯合ニュース 6月21日(火)14時39分配信

【ソウル聯合ニュース】韓国政府は4月初めに中国浙江省寧波市の北朝鮮レストランから脱出し韓国に入国した従業員13人(男性1人含む)の保護を決めた。政府当局者が21日、伝えた。

 これにより、北朝鮮脱出住民(脱北者)保護施設にいる13人は脱北者の定着を支援する統一部傘下のハナ院には行かず、保護施設に残り韓国社会への適応教育を受ける。

 同当局者は「13人が集団脱北した点や北が宣伝攻勢を行っている点などを総合的に考慮し、保護対象に該当すると判断したと承知している」と説明した。

 韓国に入国した脱北者は通常、70日間保護施設に滞在した後、ハナ院に移り韓国社会への定着に向け12週間の教育を受ける。

 政府の保護決定により、13人はほかの脱北者よりも保護施設の滞在期間が最長で6か月長くなる見通しだ。

 保護施設はハナ院よりもセキュリティー水準が高い。

 政府が13人に対する保護を決めたのは、13人の脱北が社会的に大きく取り上げられ注目を浴びたため長期の保護が必要だと判断した結果とみられる。

 政府は過去にも特別なケースで入国した脱北者の保護を決定・実施している。

 一方、ソウル中央地裁は21日午後、人身保護訴訟の審問を開き、従業員たちが自分の意思で韓国に入国したのかどうかや、保護施設に滞在することが妥当なのかについて審理する予定だ。

 これに先立ち、韓国の弁護士団体「民主社会のための弁護士の集い」(民弁)は、従業員が自らの意思で韓国に入国したか疑わしいとして裁判所に「人身保護救済審査請求」を申し出た。

最終更新:6月21日(火)14時48分

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。