ここから本文です

【ライブレポート】℃-ute、℃ONCERTOツアー終了。岡井千聖、22歳の抱負は「現状維持」

BARKS 6月22日(水)7時51分配信

<℃-uteコンサートツアー2016春 ~℃ONCERTO~>が、6月20日の日本武道館でファイナルを迎えた。ダブルアンコールを含めた全24曲で構成されたライブは、℃-uteの10年を超える経験と培ったスキルで観客を圧倒する一方、6月22日のバースデーイベントをもって活動を一時休止し、声帯結節の手術を受ける岡井千聖への誕生日サプライズなども行なわれるなど、℃-uteとteam℃-uteだからこその空間を生み出していた。

◆<℃-uteコンサートツアー2016春 ~℃ONCERTO~>画像

天井に吊るされたシャンデリアと真紅の幕が荘厳な雰囲気を醸し出すステージ。ショータイムの始まりを告げる「Overture(℃maj9)」で、5人のシルエットが浮かび上がると、詰めかけた観客は一斉に大きな歓声をあげて応える。そして℃-uteは、スパンコールを散りばめたコルセット風衣装に身を包んで、ドラマティックな「男と女とForever」に「人生はSTEP!」、そして「羨んじゃう」とライブをスタートさせていく。体全体を使ってセクシーな曲線美を強調したり、椅子を使ったパフォーマンスで大胆に魅せたりと、大人なステージングに冒頭から誰もが視線を釘付けとなったのは言うまでもない。

矢島舞美と岡井千聖による「心の叫びを歌にしてみた」では、客席の間を移動するトロッコが投入される。その近い距離感にファンが熱狂すれば、メンバーも目を見て、手を振って応える。全員の衣装チェンジが終わり、無数のペンライトの森の中に浮かび上がるような「大きな愛でもてなして」。さらにセンターステージに移動しての「都会の一人暮らし」では、ファンと近い距離でテンションが上がった鈴木愛理の場位置を修正するかのように、後ろから笑顔で衣装の裾を引っ張る岡井の姿も観られるなど、興奮の度合いはオーディエンスだけではなく、メンバーからも伝わってきた。

「Kiss me 愛してる」では、センターステージの5人が次々にフォーメーションを変え、四方向を向いて披露する。ステージ上で複雑な動きをしていたため、メンバー同士がぶつかるのではないかとも思ってしまったが、そんなことは一切なく、なんともスムーズに、文字通り“クルクル”と方向を変えていく様は、まさにハロー!プロジェクトNo.1のパフォーマンス集団といったところ。あらためて℃-uteというグループの持つ恐ろしいほどのパフォーマンス力の高さをこれでもかと見せつけられてしまう。

また心配されていた岡井の喉も、(トークでは若干異変を感じられるものの)歌に大きな影響はなく、そのパワフルな歌声で“ライブハウス武道館”を揺らしていた。

中盤のMCでは、翌日が22歳の誕生日当日となる岡井千聖へのバースデーサプライズが行なわれる。岡井千聖、萩原舞、中島早貴が衣装を変えるために、ステージ上ではすでに着替えた矢島舞美と鈴木愛理がふたりでトーク。℃-uteのツアーファイナルなのに雨が降らないことを悔しがる鈴木愛理と、「すごくない? 晴れ女ってハッピーだね。」と、“ハロプロ最強の雨女”(だったはずの)矢島舞美は嬉しそう。

そんなトークの最中に、今回のライブに参加していたハロプロ研修生たちが「シーッ!」と、人差し指を口元にあてながらステージへとやってくる。何を勘違いしたのか、「(自分たちのトークに対して)静かにしてください?」と訊ねてしまう矢島舞美。続けてバースデーケーキが運び込まれると、すべてを悟った会場1万人のteam℃-uteは、誰一人驚きの声など発することをしない。空気を見事に読んでサプライズに協力するteam℃-uteだったが、「みんなってすごいねー! これがteam℃-uteだな!」と、そんな姿にいきなりひとりで感心し、言葉にしてしまう矢島。「そういうことをさ、言わないのがさ、いいと思うよ。」と、隣りの鈴木愛理も、1万人のteam℃-uteも、このリーダーに苦笑である(なお余談だが、矢島はライブ開演7分前に駆け込みで白米だけを食べたそうだ)。

そして3人の着替えが終わり、“今日の武道館のスター”岡井が最後にステージイン。ステージ上のケーキを目にして「わっ! びっくり!」と声を上げる。全員で岡井の誕生日を祝うと、岡井は、「千聖が(ステージに)出ていこうとしたらさ、なっきぃが千聖の腕を掴んで、『中島が先に行けって言われてる!』って言ってきて。何? って思ったの。で、(中島が、ステージ袖にある暗幕を)バサッと被せてきて。何やってんのこの人……って思ったら(笑)」と、ステージ袖で繰り広げられた一部始終を暴露。サプライズ成功の裏には、中島早貴による事前バレを阻止するための涙ぐましい抵抗もあったのである。

22歳の抱負を訊かれた岡井は「現状維持。現状維持は大切。」と一言。今後も引き続き「みなさんを楽しませられるように頑張りますので、よろしくお願いします。」とコメントした。そして鈴木愛理からのリクエストに応える形で、22歳を迎える岡井がケーキを前に「にゃんにゃん(22)」と可愛らしくポーズをとると、岡井のメンバーカラーの緑に一面染まった武道館の客席からは冷やかしの声が飛んでいた。

白を基調としたドレスに衣装チェンジをしての「Summer Wind」からは、幻想的な雰囲気の中でスローバラードを並べ、聴かせる℃-uteで魅了していく。「夜風のMessage」で、武道館のステージに浮かび、5人を柔らかく照らす満月。奇しくも6月20日はストロベリームーンである。

色とりどりのペンライトの光とともに、再び武道館が躍動していく「Midnight Temptation」に、発光するアイウェアをかけて、まさにタイトルどおりデジタリックな演出を見せた「デジタリック→0(LOVE)」。赤く染まるステージで、鈴木愛理と岡井千聖のパワフルなボーカルが一気に吹き上がる「悲しきヘブン(オリジナル)」で、観客はソウルを激しく揺さぶられ、引き込まれると「嵐を起こすんだ Exciting Fight!」で、5人は惹きつけた観客のハートを強烈に煽っていく。「情熱エクスタシー」で中島早貴が「声出していくよ!」と言い放つと、激しいコールが響き渡る。オーディエンスもペンライトを高く掲げてクラップ、そしてジャンプを繰り返す。そしてここに℃-uteのライブにおける超テッパン曲「まっさらブルージーンズ(2012神聖なるVer.)」「Danceでバコーン!」を並べて、5人と1万人が生み出す熱量が日本武道館を突き上げんとするほどに、中島早貴の腰つきよりも激しいほどの最高潮へ。

そして汗だくになりながら5人も全力で楽しんだ「超WONDERFUL!」で、本編は締めくくられた。

緑の光に包まれて「千聖!」のコールが沸き起こる。アンコールはゴスペル調のピースフルな「何故 人は争うんだろう?」で幕開け。アイドルソングとしては珍しい曲調のこの曲は、言うまでもなく、高い歌唱力と表現力が求められる。℃-uteは、もちろんそのふたつを遺憾なく発揮して、さっきまで激しい縦ノリだった日本武道館を、今度は心地よい横ノリ状態へと変えた。

「℃ONCERTOのライブはですね、今日でファイナルということで、あっという間のお時間でしたね。この℃ONCERTOのセットリストがすごい好きだったので、ほんとに、悲しい気持ちでいっぱいです(笑)。でも、今日の日本武道館のライブがファイナルにふさわしいと思うくらい盛り上がっているので、本当に幸せいっぱいです。こうやってステージに立ってると、たくさんのスタッフさんに支えられていたり、ファンのみなさんがたくさん声を出してくれたり踊ったりしてくれてるから、こうやって素敵なライブになるんだと思います。本当にありがとうございます。これからもそんな温かいみなさんの力を借りて、℃-uteは前に前に進んでいきます。」── 中島早貴

「なっきぃのファンがいて、千聖のファンがいて、舞美ちゃんのファンがいて、そうですね……愛理のファンがいて、舞のファンがいて。とっても幸せな空間だなって思いました。」── 萩原舞

「このツアーは、4月の頭の方からはじまったんですけど、ツアー中に私も誕生日を迎えて、明日、千聖も誕生日を迎えて。なんか℃-uteもどんどん年取るなーってすごい思うんですよね。なんか、昨年、10周年を迎えて、それからもう1年以上経つんだっていうのがあっという間過ぎて。時の流れって恐ろしい……。小学生の頃ってこんな早く感じなかったなっていうか。ほんと恐ろしいわー。ライブ中に足がつる回数がめっちゃ増えたんですよ。まあ私たちも、歌と踊りがすごく好きで、今回のツアーでもたくさん学ぶことがあったなと思うので、これからも℃-uteとしてたくさん成長したいですし、ハロー!プロジェクトの後輩にもたくさん背中を見てもらえるような先輩になっていきたいと思います。」── 鈴木愛理

「2013年に初めて日本武道館に立って。そこから毎年のように立たせてもらっていることって、当たり前じゃないなってすごく思うし、初めて立った時に『また日本武道館立ちたい』って言ったんですけど、みなさんの応援のおかげで毎年叶ってるというのは本当に感謝だなって。ありがとうございます。今日は今までにない日本武道館の使い方をして、トロッコというものに乗ってみたんですよ。<ひなフェス>で、ほかのグループはトロッコに乗っていても、私たちは走るっていうスポーツマン・グループだったんですけど、今回初めてトロッコに乗せてもらって、みなさんの近くまで行くことができて。今日ね、すごいね、気分がめちゃめちゃ上がってたのか、体力がしんどかったの。でも、みなさんの前に行ったら、みんな笑顔だ、私も負けちゃいけないって思って。みなさんからパワーをたくさんもらって楽しめました。みなさんにも楽しんでもらえてたらすごく嬉しいなと思います。また再び日本武道館に立てるように頑張りたいと思います。」── 矢島舞美

「(客席が全面緑になった景色を観ながら)なんかアイドルになった気分で、すごく幸せです。私たちは、14年目なんですけど、今年で。すごいいろんなことがあったんですけど、まずビックリするのが、女性の人数。昔は、『女性のみなさん?』って言ったら、男性が低い声で『うぉー』ってやっててくれたんですよ。でも、今は、『女性のみなさーん!』(女性からの黄色い歓声)こんないっぱい。どこからきたのか。本当にね、私たちも女性に愛されるグループになったんだなって思います。ずっとね、男性の方たちも私たちを応援してくれていますけど、すごく、長い間、大きな会場が埋まるグループであるということがとても幸せだなって思います。私たち、今回、4回目なんですよ、武道館に立つの。それなのに毎回ちょっと出しそうなほど緊張する。そのくらいすごく緊張して。すごい会場なんだなって。だから、ずっとこの会場に立てるようなグループでありたいと、頑張りたいと思いました。毎年言ってますが、若い子が好きなんでしょうけど、男は。……なになに? (観客から『千聖だけー!』の声。)違う現場で見かけたらその辺に立ってるかもしんないから気をつけて(笑)。みなさんの言葉を信じて頑張っていきたいと思います。」── 岡井千聖

さらにここで、2016年の“℃-uteの日”のイベント日程が発表される。“℃-uteの日=9月10日”とそもそも決まっているのだが、なんと今年は、9月5日に℃-uteの日イベントとして日本武道館公演が決定。加えて当日の9月10日も、今度はグランドプリンスホテル新高輪 飛天にて℃-uteの日イベント実施が発表となった。まさかの2Days。このまま行けば、数年後には“℃-uteの日ウィーク”となってしまうかもしれないし、ならないかもしれない。

「アイアンハート」でアンコールは終了。「最後かもしれないし、最後じゃないかもしれない」と、矢島舞美が口を滑らせたこともあって(?)観客からは大きな「℃-ute!」コールが巻き起こる。

その声に応えるように「ダブルアンコールありがとー!」と萩原舞の声とともに再度ステージに飛び込んできた5人は、最後に「JUMP」を披露。ファイナルを彩る熱いコールアンドレスポンス、シンガロングで日本武道館を鳴らして、<℃-uteコンサートツアー2016春 ~℃ONCERTO~>を締めくくった。

text and photo by ytsuji a.k.a.編集部(つ)

最終更新:6月22日(水)7時51分

BARKS