ここから本文です

ジョーイ・ジョーディソン「スリップノットのメンバーに会いたい」

BARKS 6月26日(日)16時37分配信

2013年にスリップノットを脱退したジョーイ・ジョーディソン(Dr)は、先週<Metal Hammer Golden Gods Awards>のスピーチで、当時、横断性脊髄炎を患いドラムがプレイできない状態だったことを明かしたと同時に、スリップノットへの変わらぬ愛情を示していたが、実際にメンバーと会って話がしたいとも考えているそうだ。

◆ジョーイ・ジョーディソン画像

ジョーディソンは、メールで解雇されたことには怒りを感じているものの、バンドへの復帰の可能性を除外したわけではないと『Metal Hammer』誌のインタビューで話したという。「ドラマチックになるつもりはないが、そういう話が出たとしたら、俺は、よりを戻したいと思っている。彼らに会いたい。ハグして、若くハングリーだったときの俺らが持っていたエネルギーを感じたい」

「彼らは俺のブラザーだ。(会えば)ハグして話をし、昔のようになるだろう。俺らはよく一晩中、将来の計画やなにをしたいかって話してた。俺はまたそれをやりたい。直にやらなきゃだめだ。もしそれができたら最高だ」

ジョーディソンはまた、彼が脱退した後制作された『.5: The Gray Chapter』を何度も聴いたと明かし、「素晴らしいと思った。すごくクールで、彼らが前に進んだことを嬉しく思っている」と称賛した。

ジョーディソンは同誌が主催する<Metal Hammer Golden Gods Awards>で、ゴールデン・ゴッド賞を受賞。先月、VimicとSinsaenumという2つのニュー・バンドを結成したことを発表している。Sinsaenumは7月にデビュー・アルバム『Echoes Of The Tortured』をリリースする。

Ako Suzuki

最終更新:6月26日(日)16時37分

BARKS