ここから本文です

デジタル化の波に乗る新興国農村地域の金融機関はなぜ注目か-依然、高金利の新興国市場

投信1 6/21(火) 19:30配信

2016年2月以降、日本でもマイナス金利が導入され、低金利時代に一層拍車がかかっています。他の先進諸国においてもこの十年間、軒並み低金利が続いていると言っても過言ではないでしょう。銀行にお金を預けたり、国債を買ったりしても資産は増えず、リターンの良い投資先を求めている方も多いはずです。

そんな中、自然と注目が集まるのは依然として高い金利水準を保つ途上国・新興国市場ではないでしょうか。中でもとりわけ高い金利水準を保っているのが、マイクロファイナンス機関を始めとする、途上国・新興国の農村地帯における金融機関です。

たとえば、マイクロファイナンス機関の金利は世界平均29%と、日本の金融機関からすると考えられないような数字を保っています。

高金利の2つの側面:需要側と供給側

この高金利には2つの側面があると考えられます。

1つ目は、途上国・新興国の農村地帯における高い資金需要です。途上国・新興国の農村地帯にはこれだけの高金利を払ってもお金を借りたい人がいる、また、この金利以上の利益を生み出せる顧客が多くいる、ということです。こうした地域には経済成長の余地はまだまだ残されています。

これは嬉しいニュースなのですが、問題はもう1つの側面、供給側の論理です。

このような高い金利を目にすると、ともするとマイクロファイナンス機関は暴利を貪っていると思われるかもしれませんが、そうではありません。

交通インフラが整っておらず、顧客の信用程度に関する情報が少ない途上国・新興国の農村地帯においては、ローンの回収や顧客の信用程度の把握に膨大なコストがかかります。この高コストが金利に跳ね返っているのです。

このコストを圧縮することができれば、金利を適正なレベルに抑えられ、より多くの人に融資が行き渡ります。また、金融機関は顧客数を伸ばすことができるので、より高い社会的効用を生み出せます。

それに貢献する可能性を持っているのがデジタル化です。

1/2ページ

最終更新:6/22(水) 1:10

投信1

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。