ここから本文です

まわりの友だちがオムツはずれに成功…焦る気持ちを楽にする方法

ベネッセ 教育情報サイト 6月21日(火)10時0分配信

トイレトレーニングを始めてみたものの、なかなかうまくいかないと悩んでいる保護者は少なくないでしょう。特に、保育園や幼稚園の入園時期が迫っていたり、まわりの友だちが既にオムツはずれに成功していたりすると、余計に焦ってしまうものです。今回は、そんな保護者の焦る気持ちが楽になる考え方・取り組み方をご紹介します。

お子さまと一緒にトイレトレーニングを楽しもう!

トイレトレーニングを成功させるためには、「みんな最初はうまくできないもの」と考え、焦らないことが重要です。トイレトレーニングで失敗することはお子さまが成長する過程のひとつとして捉え、受け入れる気持ちをもつことが大切。失敗しても、「次はがんばろうね!」と声をかけてあげましょう。

しかし、そうとはいえ毎日何度も掃除や洗濯をするのは大変なものです。そこで、ストレスや焦りをおさえるために保護者自身がお子さまのトイレトレーニングを楽しむようにしましょう。ゲーム感覚で記録をつけてみたり、「オムツがはずれたら家族みんなで旅行に行こう!」など、自分にもお子さまにもごほうびを用意してモチベーションを上げれば、イライラすることも少なくなります。

また、トイレトレーニングのグッズをいろいろ試してみるのもよいでしょう。トイレに成功したらシールを貼る“ごほうびシール”やトイレトレーニング絵本など、どれがお子さまに合うのかいろいろ試してみるのもおすすめです。

無理はしないで、いったん休憩もあり!

それでも焦ってしまうというときには、いったんトイレトレーニングを休憩するのもひとつの方法です。保護者が焦っているとお子さまにも伝わってしまい、トイレに行くことがイヤになってしまうことがあります。お子さまがトイレを「いやなところ」と思ってしまったら、トイレトレーニングは進みません。

そこで、「ちょっとパンツはお休みしようね」などと声をかけ、思いきってオムツに戻すのも、選択肢のひとつです。掃除や洗濯の心配、外出時の不安がなくなるだけで、保護者の気持ちは楽になるはずです。

1/2ページ

最終更新:6月21日(火)10時0分

ベネッセ 教育情報サイト