ここから本文です

井上苑子、スペイン坂スタジオで「ナツコイ」生披露 ファンとの交流にご満悦

MusicVoice 6/21(火) 0:23配信

 シンガーソングライターの井上苑子(18)が20日、東京・渋谷のTOKYO FM 渋谷スペイン坂スタジオでおこなわれた、音楽アプリ番組の公開イベント『au presents Listen with 井上苑子』に登場。生演奏を披露するとともに、オンラインイベント「Listen with」でファンとの交流を楽しんだ。

【写真】収録に臨む井上苑子

 「Listen with」は、アーティストと一緒に音楽を聴きながらチャットを楽しむオンラインイベントで、auの聴き放題音楽サービス「うたパス」と、台湾をはじめアジアで音楽インフラとなっている、聴き放題音楽サービス「KKBOX」の二つのサービスで参加することができる。

 これまで山崎まさよしや秦基博、AI、チャットモンチーなど様々なアーティストが参加し、ファンたちとオンライン上での音楽談義をおこなっている。井上は4月~6月の3カ月間、毎月1回、計3回レギュラーとして出演、今回はレギュラーの最終回となる3回目を記念してこの公開イベントがおこなわれた。

 井上はイベント冒頭、スタジオ内でギター弾き語りの生演奏による「ふたり」「おんなのこ」を披露。続いて「Listen with」によるファンとのチャットを、井上自身がセレクトした25曲のオンエアとともに実施。

 井上はチャットでファンと「どこから見てる?」「私のライブに来たことがある人!」と、オンライン、オフライン相互で交流。チャットのタイムラインを見ながら、ガラスで仕切られた壁を隔てて、外にいるファンに向かって「なべちゃん(タイムライン上のチャットネーム)っておる? おお、おった!」とコメント、目の前のファンと手を振りあうなど、チャットとは一味違った直接的な交流を楽しんだ。

 そして、25曲のオンエアが終わると、この日スタジオを訪れたファンのために「ナツコイ」を披露、雨も降り出しそうな雰囲気もあったが、スタジオ外では流れる井上のナンバーに合わせて時に手拍子をするなど盛り上がりを見せ、ライブとも違う距離の近さに満足した様子を見せていた。

 なお、TOKYO FM 渋谷スペイン坂スタジオは、入居する建物の建て替えに伴い、今年8月にクローズする予定。(取材・桂 伸也)

最終更新:6/21(火) 0:23

MusicVoice

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]