ここから本文です

九州で豪雨続く 宮崎県でも1時間120ミリ以上の猛烈な雨

ウェザーマップ 6月21日(火)4時0分配信

 梅雨前線の活動が活発になっている影響で、引き続き九州を中心に大雨となっている。宮崎県では21日午前3時半までの1時間に120ミリ以上の雨が降った地域があるとみられるため、気象庁は記録的短時間大雨情報を発表した。

【記録的短時間大雨情報】(21日午前3時30分)
 宮崎県綾町付近 120ミリ以上
 宮崎県小林市付近 約120ミリ

 記録的短時間大雨情報とは、その地域にとって災害の発生につながるような、稀にしか観測しない雨量であることを知らせるために発表する情報。

大雨の範囲は東日本にも

 21日は西・東日本の各地で、雷を伴った非常に激しい雨が降り、大雨のおそれがある。これまでの大雨により、九州を中心に地盤が緩んでいるところがある。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重な警戒が必要だ。

最終更新:6月21日(火)4時14分

ウェザーマップ

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。