ここから本文です

【MLB】オバマ大統領が友人ジーターに辛口ジョーク「君は年寄り」

Full-Count 6/21(火) 9:31配信

退任間近のオバマ大統領にジーター“記者”が直撃

 球界のスターが政界のスターに直撃インタビューを敢行した。

 メジャー引退後、選手が自ら発信できるウェブメディア「The Players’ Tribune」を立ち上げ、主宰者となった元ヤンキースのデレク・ジーター氏が、来年1月で退任する第44代アメリカ合衆国大統領のバラク・オバマ氏と対談。「The Players’ Tribune」で、そのダイジェスト版が公開された。

日本人最高は? 衝撃の総額年俸、これまでのMLB大型契約ランキング

 普段から親交があり、ゴルフにも一緒に出掛ける仲だという2人は、ホワイトハウスで行われた対談でも終始リラックスムード。「私の引退と、あなたの引退は、まったく別物ですが」と語りかけたジーターに、オバマ大統領は「いやデレク、君はすでにスパイクを脱いだ経験を持っている。私はこれから引退しようというところだ。私は君ほど若くないが、それでもまだ若い方で……」と切り返した。

若さ強調するジーターに「現実から目を背けるな(笑)」と大統領

 すると、ジーターが「若い(young)」という言葉に反応。「もう一度言ってくれませんか?スポーツ界にいると、30歳で年寄りって言われるんですよ(笑)。ありがとうございます」と大統領の“温かい言葉”に感謝を伝えたところで、思わぬ口撃が飛んできた。

「いやぁ、野球選手としては、君は年寄りだよ、おい。現実から目を背けちゃいけない(笑)。いや、だってそうだろ。みんな君が(必死になって)ベースを走り回ろうとする姿を見たぞ」と大統領は、キャリア晩年にスピードが衰えていたジーターに辛口ジョークを飛ばした。まさかの口撃にジーターも大爆笑するしかなかった。

 スポーツが大好きなオバマ大統領は、ホワイトソックスの大ファンとしても知られる。今年3月にはキューバで行われたレイズとキューバ代表の親善試合を、キューバのラウル・カストロ大統領と共に観戦。同じく同地を訪れたジーターと談笑する場面もあった。

 全インタビューの模様は、同サイトで22日(日本時間23日)に公開される。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6/21(火) 10:18

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。