ここから本文です

交流戦2位の千葉ロッテ、観客動員も絶好調! 交流戦ホーム9試合で前年比112%

ちばとぴ!チャンネル 6月21日(火)12時14分配信

 千葉ロッテマリーンズは交流戦ホームゲーム9試合での観客動員が合計20万7269人、1試合平均2万3030人で、前年比112%と増加したと発表した。昨年は合計18万4636人、1試合平均2万515人だった。

 交流戦を含めた今季35試合経過時点でのQVCマリンフィールドの観客動員は合計73万1429人、1試合平均2万898人で、前年比122%と好調。昨年は35試合経過時点で合計59万9382人、1試合平均1万7125人だった。

 山室晋也球団社長は「(観客増の)要因としては交流戦2位とチームが好調なことが一番。交流戦ではホームで7勝2敗と大きく勝ち越し、ファンに喜んでもらえた。交流戦ポスターも話題となり、非交流戦士マジワランのロケットパンチが効きましたかね(笑)」とコメント。

 ほかにも女性ファンをターゲットにしたスーパーレディースデーや、地元・千葉への想いを込めた「ALL FOR CHIBA」デーでなどの球団の取り組みを増加要因に挙げた。

最終更新:6月21日(火)12時14分

ちばとぴ!チャンネル