ここから本文です

【ブラジル】粗鋼生産減、背景に中国

サンパウロ新聞 6月21日(火)5時1分配信

 2016年1~5月のブラジルの粗鋼生産量は前年同期比13.2%減の1230万トン。ブラジル鉄鋼協会(IABr)が8日発表、伯メディアが同日付で伝えた。同協会によれば、ブラジルの鉄鋼業界は自国の景気後退だけでなく、世界全体で合計7億4000万トンに達している過剰な生産能力にも苦しめられている。7億4000万トンのうちの約4億トンは中国によるものだ。同協会の評議員であるブラジル・アルセロール・ミッタル社のベンジャミン・バチスタ・フィリョ社長は「中国は世界の鉄鋼業界の大いなる虐待者となっている」と述べている。

サンパウロ新聞

最終更新:6月21日(火)5時1分

サンパウロ新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。