ここから本文です

きょうは夏至 ハスの花見ごろ/富山

チューリップテレビ 6月21日(火)20時8分配信

 21日は、一年で昼の時間が最も長くなる二十四節気のひとつ「夏至」です。
 暦の上では夏本番ですが県内は梅雨空がしばらく続く見込みで富山市の本陽寺(ほんようじ)ではハスの花が見ごろを迎えています。
 夏至の日の21日、県内は梅雨前線上の低気圧の影響で朝から時折、雨が降っています。
 そんな中、富山市にある本陽寺ではハスの花が見ごろを迎えています。
 このハスは、「大賀(おおが)ハス」と呼ばれ、植物学者の大賀一郎(おおがいちろう)博士がおよそ60年前縄文時代の遺跡発掘中にその実を発見し、発芽に成功したことから名づけられました。
 ハスの花は直径15センチほどの淡いピンク色で明け方に開花し、昼にはつぼみ、翌日また開花するという動きが2、3日続くのが特徴です。
 本陽寺のハスの花は来月上旬ごろまで見ごろは続きます。

チューリップテレビ

最終更新:6月21日(火)20時8分

チューリップテレビ