ここから本文です

九州の高速乗り放題パス7月登場 普通車は3日間6500円 往復セットも発売

乗りものニュース 6月21日(火)17時7分配信

7月1日からウェブサイトで発売

 NEXCO西日本は2016年6月21日(火)、「平成28年(2016年)熊本地震」により影響を受けている九州の観光を支援するため、九州の高速道路が定額で乗り放題になる「九州観光周遊ドライブパス」を、7月1日(金)からETC車を対象に発売すると発表しました。

 乗り放題の区間はNEXCO西日本が管轄する九州道や東九州道、長崎道といった九州内の高速道路(関門トンネルを除く)。連続して最大3日間利用できる「九州エリア乗り放題プラン」と、大阪以西のエリアを発着地とする最大4日間の「往復料金セットプラン」の2種類が発売されます。

 利用できる期間は7月15日(金)から12月18日(日)まで。ただし8月10日(水)から8月16日(火)は除きます。対象車種はETCを搭載した普通車および軽自動車など(二輪車含む)です。

 値段は「九州エリア乗り放題プラン」の普通車が6500円、軽自動車などが5200円。「往復料金セットプラン」は5つの発着地が設定されており、例えば「兵庫・大阪発着エリア」だと普通車が1万8900円、軽自動車などが1万5100円、「広島・島根発着エリア」だと普通車が1万2600円、軽自動車などが1万100円です。

 パスを利用するには、NEXCO西日本のウェブサイト「みち旅」から事前の申し込みが必要です。なお、パスを購入すると、周遊エリア内の指定サービスエリアで利用できる割引クーポンなどが特典として進呈されます。

 NEXCO西日本は、広島IC(広島市安佐南区)を出発して熊本、宮崎、福岡を周遊し、広島ICに戻る利用例をウェブサイトで紹介。ETC普通車、平日、昼間の利用で2万5360円が、「往復料金セットプラン」の利用によりおよそ半額の1万2600円になるとしています。

乗りものニュース編集部

最終更新:6月21日(火)18時18分

乗りものニュース