ここから本文です

浦和、22日FC東京戦で連敗脱出へ 広島戦先発メンバー、調整軽め

埼玉新聞 6月21日(火)10時30分配信

 J1第1ステージ連覇を逃した浦和は20日、大原サッカー場で調整し、22日に行われる未消化の第13節FC東京戦(19時30分・埼玉ス)に備えた。

 18日のアウェー広島戦は2―4で敗れ、3年ぶりの3連敗を喫した。リーグ5試合ぶりの得点を挙げながら、今季最多の4失点で5試合未勝利となった。1試合少ないとはいえ勝ち点27の暫定3位で足踏みし、首位鹿島とは同9差に広がり、4位広島と5位大宮には1差に迫られた。次戦はホームで連敗ストップと6戦ぶりの白星を目指す。

 FC東京とのJ1通算対戦成績は15勝6分け7敗。ホームでは9勝2分け3敗で、2004年以降は11試合無敗と圧倒している。昨季5月のホーム戦は李、関根、武藤、梅崎の得点により4―1で快勝。10月のアウェー戦も4―3で連勝した。

 広島戦の先発メンバーはボール回し、ランニングなどで軽めに練習を終えた。他の選手たちはGKを含めた6対6のミニゲームで汗を流した。

最終更新:6月21日(火)10時30分

埼玉新聞

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]