ここから本文です

藤崎台県営野球場の復旧支援へ SB松坂が1000万円、摂津が300万円を寄付

Full-Count 6月21日(火)14時12分配信

松坂「高校野球の象徴的な存在でもある藤崎台球場が、修復を終えることができるように」

 ソフトバンクは21日、藤崎台県営野球場(熊本県)の復旧支援のため、松坂大輔投手が1000万円、摂津正投手が300万円の義援金を寄付することになったと発表した。7月1日付けで熊本県に寄付するという。

ソフトバンク、過去10年のドラフト指名選手一覧

 球団の発表によると、熊本・大分地域地震によって大きな被害を受けた藤崎台県営野球場は、復旧に約3億6000万円の費用がかかると見込まれているという。両選手は、藤崎台県営野球場の被害状況を知った時から、被災地復興支援義援金とは別に、藤崎台県営野球場の復旧にも協力したいという意向を持っていたため、義援金という形で支援することとなったとしている。

 2人は球団を通じて以下のようにコメントした。

 松坂「今回の震災にあたって、未来の野球を担う子どもたちに対して、何らかの形で支援をしたいと考えていた所、藤崎台県営野球場の被害状況を知り、修復費用の一部になれば、と義援金を送らせていただきます。熊本県内には、被災しながらも野球を続けている球児も少なくないと聞いています。もうすぐ甲子園も始まりますが、熊本の高校野球にとって象徴的な存在でもある藤崎台球場が、一日も早く修復を終えることができるように願っています」とコメント。

 摂津「藤崎台球場は、僕が先発投手として初めて勝利投手になった思い入れのある球場です(2011年4月24日 福岡ソフトバンク-千葉ロッテ)。今回の震災で、球場施設に大きな被害がでていると聞いた時から、『球場復旧のお手伝いができれば』と考えていました。藤崎台県営野球場の復旧は、球児たちや野球に関わる人々の願いだと思っていますので、早く復旧されることを願います」

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6月21日(火)16時31分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)