ここから本文です

躍進の岡田奈々、機能性低血糖症を告白「伝えられて良かった」

MusicVoice 6/21(火) 23:10配信

 AKB48総選挙で躍進となる14位にランクインした岡田奈々。総選挙前には突然の休養を発表し、ファンからは心配の声が挙がっていたが、ステージで「機能性低血糖症」を罹患していることを告白。その後自らのSNSで、「休養のことも 本当のことを伝えられて 良かった」などとコメントし、胸の内を率直につづっている。

 1日の速報発表では7位だった岡田。同じく速報で上位に顔を出したメンバーがランクを下げる一方で、岡田は最終的に14位となり、昨年の29位からジャンプアップ。選抜メンバー入りを果たした。

 その岡田は総選挙が始まる前にしばらく体調不良を理由に休養していたが、ステージ上でその理由について告白した。岡田は「私は機能性低血糖症と診断されました」と打ち明け、「なかなか言えなくてごめんなさい」などとファンに向けて謝罪の気持ちを伝えていた。

 そうした中、総選挙後に更新した自身のグーグルプラスのアカウントで、あらためて自らの気持ちを綴った。岡田は「投票してくれた皆さん 応援してくれた皆さん ありがとうございましたあああ!」とファンに向けて感謝を示し、「こんな言葉じゃ足りないくらいに感謝しています」と打ち明けた。

 さらに、「皆さんが 私のことを信じてくれたから 私も皆さんのことを 信じることが出来ました 休養のことも 本当のことを伝えられて良かった」と本音をにじませた。

 そして、「目標の神7には 届かなかったけど そのくらいの気持ちで臨んだからこそ 14位にランクイン出来たんだと思います 私のために 時間を使ってくれて 投票してくれて 本当に本当にありがとう 選抜入り出来たことが素直に嬉しくて 喜びに満ち溢れています」と感謝と幸福感を抱いているようだ。

 14位に入り、病気を告白した岡田にはファンから「体調のこと、教えてくれてありがとう」「テレビ越しだったけど感動したよ」「みんなでその壁を乗り越えていこうー!」「あまり無理すると将来の幸せに悪影響でるから」などと労いやエールが続々と届けられている。

最終更新:6/21(火) 23:52

MusicVoice