ここから本文です

“ガンバ史上最高傑作”の宇佐美に妻もエール! 「ボロボロになったドイツでの日を思うと、這い上がることができて嬉しい」

theWORLD(ザ・ワールド) 6月21日(火)13時0分配信

夫婦二人三脚で

彼の能力をもってして、不可能なことなどあるだろうか。早熟のエリート、宇佐美貴史がガンバ大阪を旅立つことになり、美しい伴侶はエールのコメントを残している。

その有り余る才能と天性のゴールセンスで、若くから将来を嘱望されてきた宇佐美だが、かつてのドイツにおける挑戦は決して芳しいものとはならなかった。バイエルン・ミュンヘンでは満足な出場機会を与えられず、ホッフェンハイムでも本領は発揮できていない。では、正式に移籍先として決定したアウグスブルクではどうだろうか。ドイツでのリベンジに臨む旦那に対し、タレントの宇佐美蘭さんは自身のInstagram上で次のように話している。

「主人の移籍が決まり、ガンバの皆さんが素敵な会を開いてくださいました。感謝で胸がいっぱいになりました。こんなに愛されて、主人は本当に幸せ者だな。ガンバから離れるのは私もとても寂しいですが、ボロボロになったドイツでの日々を思うと、這い上がり、遂にこの日を迎えられたことが心から嬉しいです。次こそ主人が活躍できるよう、再挑戦を全力で応援したいと思います! (原文ママ)」

ガンバユース史上最高傑作は、ブンデスリーガを席巻することができるだろうか。アウグスブルクと共に、この24歳が台風の目となれるよう期待したい。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:6月21日(火)13時0分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。